消費者向けドローン市場、10年後には3倍に ~ 米政府は中国メーカー製の使用を禁止

航空宇宙調査会社ティール・グループ(Teal Group、バージニア州拠点)によると、民生用ドローン(小型無人機)の世界市場は今後10年で約3倍に拡大し、143億ドルに達すると予想される。2019年の市場規模は49億ドル。

ロイター通信によると、同市場では今後、連邦航空局(FAA)による飛行空域の段階的な規制緩和や商業利用の増加が市場の追い風になりそうだという。民生用ドローンの利用がもっとも多い分野は、建設やエネルギー、鉱業分野での調査や検査業務だ。2番目に多いのは、農作物の種まきや作柄分析といった農業用。

一方、米政府や米企業は、中国政府が中国製ドローンを通じて機密データや映像を入手する可能性があるという懸念を強めている。世界の業務用および消費者向けドローンの75%は中国メーカーらによって供給されている。

米国の国土安全保障省は、中国製ドローンが企業データにおよぼすリスクを5月に米企業らに対し警告した。批判の中心となっている中国ドローン製造大手DJIは、そういったセキュリティー懸念を「見当違い」だと否定し、利用客が個人データを全面的かつ完全に管理している、と反論した。

米軍は、DJI製ドローンの使用を2017年に停止した。年度ごとに制定される国防権限法の議会上院案には、国防総省が中国製ドローンを使うことを禁じる条項が含まれている。

また、さまざまの法執行機関にドローンのソフトウェアを販売するケイプ(Cape、カリフォルニア州拠点)は最近、DJIを含む中国ドローン・メーカーらとの関係を絶つと発表した。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-10-2

    E2ビザ保持者に同伴するための家族のビザ

    E2ビザ(貿易駐在員、投資駐在員ビザ)はアメリカと通商条約を締結した国の国民に発行されるもの...
  2. 2017-5-1

    ビジネス買収時に確認要! E-2ビザ申請の要件を満たさない 事業買収に注意

    アメリカでビジネスや会社を買収し、E-2ビザを申請するケースがよく見られます。しかし、ビジネ...
  3. 2017-3-1

    【米国大手会計士事務所・ 所得税担当者監修】 個人所得税申告書の作成ガイド

    注:本稿は、特に日系企業の駐在員の方々が連邦税務申告書を自分で作成できるようにステップを示し、並行し...
  4. 2016-9-2

    第165回 ポケモンGO

     今巷で大人気の、ポケモンGOというスマートフォン(以下スマホ)用ゲーム、私は正直それ程興味...
  5. 2017-1-1

    新春スペシャル 旅行のプロに聞く 南北アメリカの絶景スポット

    Canada オーロラベルト直下イエローナイフ 幻想的なスペクタクルショー  オー...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る