5年後には生体認証に移行か 〜 ビザ、暗証語不要のカード決済の近未来を予想

ビザ(Visa)は、決済サービス市場が向こう5年でパスワード不要のシステムに移行すると予想し、生体認証機能を拡充する方針だ。認証技術や不正防止技術の進化が背景にある。

ZDネット誌によると、金融サービス会社や商業主がこれまでの10倍以上のデータを共有するようになる。また、不正使用を検知できる人工知能技術の浸透によって、生体認証機能と人工知能を融合させた認証機能がさらに進化する。署名や個人ID番号といった従来型のCVM(cardholder verification methods)は、いずれ排除される。

これまで長年にわたって本人認証に使われていたパスワードや個人ID番号は、利用者が記憶しておかなければならない。変更による覚え違いやほかの認証情報との混同といった課題を抱えており、多くの消費者をいらだたせる要因の一つにもなっている。また、サイバー犯罪によってクレジット・カード情報が盗まれて盗用されるという脆弱性もある。

生体認証は一気に解消、便利であり安全でもある。ビザは過去4~5年のあいだにクレジット・カード不正使用を3分の1に減らし、クレジット・カード決済における不正使用の割り合いは0.1%未満という過去最低水準まで下がった。同社は、人工知能を活用した不正使用検知機能を1993年から導入している。ビザ・カードが使われるたびに、約500の不正使用可能性要因にもとづいて、人工知能基盤の検知システムによって100分の1秒で不正使用かどうかを判断している。

【https://www.zdnet.com/article/visas-vision-for-the-future-of-payments-is-password-free/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-1-15

    Muginoho International, Inc.アメリカのビジネスは、今

    サクサクのシュー皮のシュークリームが人気のビアードパパをアメリカで出店しているMuginoho In...
  2. 2019-12-1

    Webサイト運営のリスク回避! デジタルコンプライアンス対策

    本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な...
  3. 2019-2-4

    髪の色を決める「メラニン色素」

    私たちの体はメラニン色素で守られている 人間の髪の色を決めているのは、メラニン色素。シ...
  4. 2016-12-2

    第47回 畑も蔵も保有せず。ヴァーチャル・ワイナリーの活躍

     ハイテクの現代。オフィスを持たず自由な時間に好きな喫茶店にブラッと入り、コンピューターとス...
  5. 2017-9-4

    鮭のちゃんちゃん焼き うどんdeみたらし団子

    まだ暑い9月ですが、一足先に秋のメニューをご紹介します。主菜には、北海道の郷土料理、ちゃんちゃん焼き...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る