5年後には生体認証に移行か 〜 ビザ、暗証語不要のカード決済の近未来を予想

ビザ(Visa)は、決済サービス市場が向こう5年でパスワード不要のシステムに移行すると予想し、生体認証機能を拡充する方針だ。認証技術や不正防止技術の進化が背景にある。

ZDネット誌によると、金融サービス会社や商業主がこれまでの10倍以上のデータを共有するようになる。また、不正使用を検知できる人工知能技術の浸透によって、生体認証機能と人工知能を融合させた認証機能がさらに進化する。署名や個人ID番号といった従来型のCVM(cardholder verification methods)は、いずれ排除される。

これまで長年にわたって本人認証に使われていたパスワードや個人ID番号は、利用者が記憶しておかなければならない。変更による覚え違いやほかの認証情報との混同といった課題を抱えており、多くの消費者をいらだたせる要因の一つにもなっている。また、サイバー犯罪によってクレジット・カード情報が盗まれて盗用されるという脆弱性もある。

生体認証は一気に解消、便利であり安全でもある。ビザは過去4~5年のあいだにクレジット・カード不正使用を3分の1に減らし、クレジット・カード決済における不正使用の割り合いは0.1%未満という過去最低水準まで下がった。同社は、人工知能を活用した不正使用検知機能を1993年から導入している。ビザ・カードが使われるたびに、約500の不正使用可能性要因にもとづいて、人工知能基盤の検知システムによって100分の1秒で不正使用かどうかを判断している。

【https://www.zdnet.com/article/visas-vision-for-the-future-of-payments-is-password-free/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-1-3

    全米中から熱視線 大谷翔平、エンゼルス入団

    エース投手で4番打者というのは少年野球や高校野球ではよくあるパターンだが、プロ野球やメジャー...
  2. 2019-6-6

    Vol.11 アメリカ合衆国誕生の地 独立記念館 − ペンシルベニア州 −

    ペンシルベニア州フィラデルフィア市。宗教の自由が許される前の17世紀にイギリスを逃れた移民た...
  3. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  4. 2017-5-1

    乳幼児玩具の業界で グローバルリーダーを目指す

    ピープルとの関わり 私が最初に知育玩具で知られるピープルのことを知ったのは、父の会社であるVa...
  5. 2017-7-1

    ロサンゼルスの元敬老ホームのその後 日本のテレビが関係者に現地取材敢行

    本誌3月号では、売却されたロサンゼルスの元敬老ホームを日系社会に取り戻す活動を続ける「高齢者を守る会...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る