大規模山火事の可能性を機械学習モデルで予想 ~ カリフォルニア大学アーヴァイン校の研究班

カリフォルニア大学アーヴァイン校の学際研究者集団は、自然発火の発生から大規模火災(実質的には山火事)につながる可能性を予想する機械学習モデルを構築した。

ベンチャービート誌によると、その決定分類モデル(decision classifier model)は、単一のデータセットを使って、任意の発火が大規模自然火災につながるかどうかを約50%の確率で予想する。50%という確率は低いと思われるが、研究者たちが複数の気象変数と複雑な予想モデル群を駆使してこれまでに試みた数々の予想より高精度だ。

カリフォルニア大学アーヴァイン校の研究者らは、アラスカ大規模火災データベース(Alaska Large Fire Database)から得た2001~2017年におけるアラスカ州内の1100件以上の火事(山火事、自然火災)データや気象予報、大気中水分濃度(湿気)データを使って一つの人工知能(機械学習)を訓練し、個々の火災を規模に応じて大中小に分類した。

その結果、予想モデルは、大規模自然火災に発展した発火のうち約50%を的中させた。

アラスカとカリフォルニア州北部、カナダの北西部では、夏のあいだに多くの山火事が自然発生する。乾燥が主因の一つだ。住民らの命が危険にさらされることは滅多にないものの、野生動物や住宅群、社会基盤、自然が広範囲にわたって焼失する場合もある。

任意の発火が大規模火災につながるかどうかを高確率で予想できれば、消火や避難、保全に必要な資源を必要なときに必要な場所に効率的かつ効果的に割り振ることが可能となる。

【https://venturebeat.com/2019/09/18/researchers-use-machine-learning-to-predict-large-wildfires/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る