リーフのEV世界販売首位続く~米国ではテスラが際立つも

米国で最も人気がある電気自動車(EV)ブランドはテスラで、中でも量産が始まった大衆価格の「モデル3」が最も好まれている。しかし世界規模で見ると、今も日産「リーフ」がEV販売の首位を独走中だ。

フューチャーカーによると、IHSマークイットの統計では「モデル3」の米販売台数は累計19万台を超え、最新四半期は米EV市場の67%を占めた。EVメーカーがこれほど高いシェアを記録したのは初めてで、GMの「シボレー・ボルト」、日産「リーフ」を合わせてもモデル3には及ばない。

それでも、世界市場ではテスラは「リーフ」に追いついていない。その主な理由の1つが工場の数だ。日産は日本、英国、米テネシー州と世界3カ所で「リーフ」を製造している。しかも日本で売られている「リーフ」は米国向けとは仕様が違い、各市場に合わせた仕様の「リーフ」は有用なだけでなく、価格を下げることにも成功している。「リーフ」は3万885ドルからだが、「モデル3」は4万190ドルからとなっている。

テスラは19年末までに40万台の販売を目標としているが、1~3月期時点で15万8375台だったのに対し、日産「リーフ」は19年の早い段階で40万台を突破した。「モデル3」がその数字に追いつくまでに相当な時間を要すると考えられる。

https://www.futurecar.com/3484/Tesla-May-Be-Popular-in-the-U-S–But-Nissans-Leaf-Is-Still-the-Global-EV-King (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  2. 2017-1-2

    睡眠の質を追求するマットレス ベッド文化のアメリカで勝負賭ける

    なぜ、ニューヨークに1号店?  日本は寝具に関しては布団とベッドと両方がありますが、...
  3. 2016-8-8

    ASEANとインドに相当する巨大市場 中南米進出の可能性を探る

    中南米地域で注目すべき市場は?  最も注目されている市場はメキシコです。4年前の在メキシ...
  4. 2017-12-1

    帰国準備

    引越しは仕分けが重要 辞令が出たら即仮予約を 日本への帰任辞令が出た時に、帰国準備は何から始...
  5. 2015-10-14

    トーランス クラフトビール最前線 ② Absolution Brewing Company

     トーランス市役所の北東に、ウェアハウスを兼ねたオフィススペースが並ぶ一画がある。ちょっとハ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る