リーフのEV世界販売首位続く~米国ではテスラが際立つも

米国で最も人気がある電気自動車(EV)ブランドはテスラで、中でも量産が始まった大衆価格の「モデル3」が最も好まれている。しかし世界規模で見ると、今も日産「リーフ」がEV販売の首位を独走中だ。

フューチャーカーによると、IHSマークイットの統計では「モデル3」の米販売台数は累計19万台を超え、最新四半期は米EV市場の67%を占めた。EVメーカーがこれほど高いシェアを記録したのは初めてで、GMの「シボレー・ボルト」、日産「リーフ」を合わせてもモデル3には及ばない。

それでも、世界市場ではテスラは「リーフ」に追いついていない。その主な理由の1つが工場の数だ。日産は日本、英国、米テネシー州と世界3カ所で「リーフ」を製造している。しかも日本で売られている「リーフ」は米国向けとは仕様が違い、各市場に合わせた仕様の「リーフ」は有用なだけでなく、価格を下げることにも成功している。「リーフ」は3万885ドルからだが、「モデル3」は4万190ドルからとなっている。

テスラは19年末までに40万台の販売を目標としているが、1~3月期時点で15万8375台だったのに対し、日産「リーフ」は19年の早い段階で40万台を突破した。「モデル3」がその数字に追いつくまでに相当な時間を要すると考えられる。

https://www.futurecar.com/3484/Tesla-May-Be-Popular-in-the-U-S–But-Nissans-Leaf-Is-Still-the-Global-EV-King (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  2. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  3. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  4. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  5. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  6. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  7. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  8. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
  9. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  10. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
ページ上部へ戻る