IPOブームは大きな期待はずれに ~ ウォール街とシリコン・バレー、企業評価を見直し

ハリウッドの芸能人代理事務所エンデヴァー・グループ(Endeavor Group)は先日、新規株式公開(IPO)計画を棚上げした。事務空間共用サービス最大手ウィーワーク (WeWork)がIPOの延期を決めたことも大きく報じられたばかりだ。

シリコン・バレー新興企業らを中心とした一連のIPO延期は、新興企業の評価額の見直しをベンチャー・キャピタリストたちや投資会社らに強いており、2019年がIPOブームの年になる、という当初の期待を大きく裏切る動向が鮮明化している。

フィナンシャル・タイムズによると、フロリダ大学ファイナンス学のジェイ・リター教授は、「企業価値評価の転機が訪れた」「(約10年間にわたる好況で新興企業の評価額が高騰してきたが)ようやく正気を取り戻してきた」と話した。

近年における最大のIPOを5月に実施したウーバー(Uber)は、人件費をはじめ、販促や技術開発への投資がかさんで黒字転換のきざしすら見えず、時価総額を継続的に低減させている。ウィーワークは、赤字経営やCEOの不正疑惑および大麻使用といった報道によって、1月時点での評価額470億ドルが150億ドルにまで大暴落し、先日にはCEOが実質的に更迭された。

2019年の3大IPOであるリフト(Lyft)とウーバー、ペロトンの株価は、3社を平均すると上場時から28%も下落している。

ソーシャル・メディアのピンタレスト(Pinterest)と動画会議サービスのズーム(Zoom)が例外的で、前者の株価は上場以来44%、後者は120%の上昇を記録している。

しかし、注目されてきた新興企業らの財務や評価額に対しウォール街が厳しい目を向け始めたことで、ことしのIPO市場は全体的には近年まれに見る冷え込み状態に追いやられた。

「市場は泡立っているが、明らかなバブルではない」「その点は、20年前のドット・コム・バブルと異なる」とリター氏は述べた。

【https://www.ft.com/content/43b51672-e148-11e9-9743-db5a370481bc】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-12-3

    HOWDY!!!

    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  2. 2016-10-3

    第49回 兄と妹のレジストレーション

     8月22日、ニナが秋から通うハイスクールのレジストレーションが終了した。レジストレーション...
  3. 2018-1-1

    一生に一度は泊まりたいアメリカのホテル7

    湖畔に佇む 重厚な古城風ホテル Mohonk Mountain House New Pal...
  4. 2017-2-1

    日本の食 自然志向最前線

    加熱処理しない 酵母や酵素が生きている味噌 Miso  以前はSoybean pa...
  5. 2017-9-2

    第60回 夏休みの課題本

    「アメリカの学校は2カ月半も夏休みがあって、しかも宿題がないんでしょ?」と日本から来たばかり...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る