自動車保険の請求過程をドローンが迅速化 ~ 現場に出動して状況を記録し関係者にデータを即時提供

車の交通事故と自動車保険に関する処理業務でのドローン活用が活発化している。

SAPが販促の一環としてフォーブス誌に出稿した記事によると、自動車保険業界では、事故後の保険金請求過程の精度と速度を向上する手段として、ドローンを使う事例が急増中だ。

SAPは、コンサルティング大手アクセンチュア(Accenture)のために自動車保険請求の業務過程を支援する技術を開発し、自動車保険分野の業務のデジタル化を推進している。アクセンチュアのベルギーおよびルクセンブルク事業部門は、土木・建設工事の現場にドローンを早くから導入したことで知られ、最近には損害保険会社と協力して、請求過程のデジタル化を進めている。

SAPの同ソリューションでは、下記のような流れで保険請求過程を効率化する。

1.交通事故が発生すると、自動車がドローン基地に信号を自動送信する

ドローンは、その信号を受信次第ただちに出動する。現場までの到着時間を短縮するために、どの基地からドローンを出動させるかを予想分析技術によって特定する。過去の統計にもとづいて、同じ基地のすべてのドローンが出払うことがないようにするという配慮も組み込まれている。

2.ドローンが事故現場を観察して、傷害と損傷を記録する

ドローンは、現場上空に着くと写真を撮影し、人身傷害があれば救急サービスにも連絡する。それらの写真やデータをもとに、事故現場をデジタル再現する(デジタル・ツインとも呼べる)。立体画像を使った損傷分析の結果、修理費用の見積もりが出され、代替部品の提案や修理工場の予約も行われる。

3.報告書が被保険者に直接送信され、保険金請求をすぐさま開始できるよう支援する

ドローンが収集したデータは1ヵ所に集められ、関係者全員がアクセスできるようにする。透明性を高めることで、保険会社と保険加入者の信頼関係を強化することができ る。

【forbes.com/sites/sap/2020/01/29/how-drones-become-a-valuable-tool-for-the-auto-insurance-industry/#13c4ec531ac9】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2018-6-3

    第69回 APをめぐる攻防

    高校も3年目になると「AP」クラスなるものが登場する。APとはAdvanced Placem...
  2. 2017-3-3

    これぞアメリカ?! 「The Founder」

    誰もが知ってるファーストフードの店マクドナルド。しかし、フランチャイズ化を成功させたのは、創...
  3. 2018-1-2

    アート、テクノロジー、お金

    LightWave 3Dなどのソフトウエアで知られるコンピューター・グラフィック・ソ...
  4. 2017-8-3

    片渕 須直 「戦争は非常に大きな力で、 人の可能性の目をつんでしまうもの」

     昨年、日本で公開された時から待ち望んでいた映画がある。18歳で嫁いだ主人公すずの戦前と戦時...
  5. 2018-5-2

    CPTとOPT (アメリカの学生のための 労働許可)の違いとは? PART 2

    前回に続き、今回はOPTについての説明と、CPTとの違いをご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る