自動車保険の請求過程をドローンが迅速化 ~ 現場に出動して状況を記録し関係者にデータを即時提供

車の交通事故と自動車保険に関する処理業務でのドローン活用が活発化している。

SAPが販促の一環としてフォーブス誌に出稿した記事によると、自動車保険業界では、事故後の保険金請求過程の精度と速度を向上する手段として、ドローンを使う事例が急増中だ。

SAPは、コンサルティング大手アクセンチュア(Accenture)のために自動車保険請求の業務過程を支援する技術を開発し、自動車保険分野の業務のデジタル化を推進している。アクセンチュアのベルギーおよびルクセンブルク事業部門は、土木・建設工事の現場にドローンを早くから導入したことで知られ、最近には損害保険会社と協力して、請求過程のデジタル化を進めている。

SAPの同ソリューションでは、下記のような流れで保険請求過程を効率化する。

1.交通事故が発生すると、自動車がドローン基地に信号を自動送信する

ドローンは、その信号を受信次第ただちに出動する。現場までの到着時間を短縮するために、どの基地からドローンを出動させるかを予想分析技術によって特定する。過去の統計にもとづいて、同じ基地のすべてのドローンが出払うことがないようにするという配慮も組み込まれている。

2.ドローンが事故現場を観察して、傷害と損傷を記録する

ドローンは、現場上空に着くと写真を撮影し、人身傷害があれば救急サービスにも連絡する。それらの写真やデータをもとに、事故現場をデジタル再現する(デジタル・ツインとも呼べる)。立体画像を使った損傷分析の結果、修理費用の見積もりが出され、代替部品の提案や修理工場の予約も行われる。

3.報告書が被保険者に直接送信され、保険金請求をすぐさま開始できるよう支援する

ドローンが収集したデータは1ヵ所に集められ、関係者全員がアクセスできるようにする。透明性を高めることで、保険会社と保険加入者の信頼関係を強化することができ る。

【forbes.com/sites/sap/2020/01/29/how-drones-become-a-valuable-tool-for-the-auto-insurance-industry/#13c4ec531ac9】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る