アンペア、クラウド・データ・センター向け新型チップを開発 ~ オラクルとすでに契約

データ・センター向けチップ開発の新興企業アンペア(Ampere)は3日、インテル(Intel)やアドヴァンスト・マイクロ・デヴァイシズ(Advanced Micro Devices)の製品より速いと宣伝する新型プロセッサーを発表した。アンペアはそれと同時に、新型プロセッサーの顧客としてオラクル(Oracle)のクラウド電算事業部門との合意書に署名したことを明らかにした。

ロイター通信によると、インテルの元社長であるリネー・ジェイムズ氏が開発を主導したアンペアの新型プロセッサーには、ソフトバンク傘下のチップ設計大手アーム(Arm)の技術が採用されている。アームが設計したチップは、ほとんどのスマートフォンとタブレットに搭載されている。

アンペアの新型プロセッサー「アルトラ(Altra)」は、クラウド電算サービス提供会社向けに設計されている。近年、多くの会社が業務のクラウド化に巨額を投じるなか、クラウド提供会社らにとって、わずかの演算処理速度や電力消費量が100万ドル単位のコスト削減につながる。アームのチップ技術は省電力性にすぐれる。

多くのデータ・センターを世界中で運営するマイクロソフトは3日、アンペアの新型プロセッサーを研究室で試験中だと話し、性能(おもに演算速度と電力消費量)が一定基準以上であれば、アンペア製に切り替えることも視野に入れることを示唆した。

いくつものクラウド・データ・センターを世界各地で運営するオラクルは、2019年にアンペアに4000万ドルを投資しており、クラウド・データ・センター群で使う膨大な数のサーバーに搭載するプロセッサーの性能向上に非常に強い関心を寄せている。

ジェイムズ氏は、オラクルの社外取締役も務めており、オラクルとアンペアは非常に緊密な関係を構築している。

【reuters.com/article/us-ampere-tech/ampere-targets-cloud-companies-with-new-chip-signs-oracle-as-customer-idUSKBN20Q1VT】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. Nitori

    2019-2-14

    Nitori USA, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州オンタリオにオフィスを構えるNitori USA, Inc.のCEO Shuni...
  2. 2015-10-23

    シリーズアメリカ再発見㊶ ハワイ島 マウナラニの息吹

    活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成す...
  3. 2018-11-8

    Fujita Research, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州Encinoにオフィスを構えるFujita Research, Inc.のKei...
  4. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...
  5. 2017-8-2

    勢い vs. 慎重さ

    Appleのマーケターとして知られるGuy Kawasakiさんのスピーチの中にこんなフレ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る