パンデミックからの経済回復モデル化を目指す団体が発足 ~ ロールス・ロイスやIBM、グーグルらが参加

データ分析技術を使って新型コロナウイルスの経済的影響をモデル化することを目的とした企業連盟「エマートゥージェント(Emer2gent)」が設立された。

ZDネット誌によると、同企業連盟の参加企業には、ロールス・ロイスやIBM、グーグル、ザ・データ・シティー(The Data City)、トゥルーアータ(Truata)、ODIリーズ(ODI Leeds)が含まれ、ホワイトスペイス(Whitespace)が調整役を務める。

エマートゥージェントでは、経済と産業の全体的な指標のほか、旅行や小売りといった各業界のデータ、さらに消費者の行動や感情に関するデータを組み合わせて、経済が今後どのように回復していくかを予測するためのモデルを開発する。

レストランやバー、スポーツ競技場、映画館、そのほかさまざまの場所に行くことに対して消費者がどのような反応を示すかは、今後の経済回復のカギをにぎるとみられている。

同様の取り組みはアジアでも行われている。アジア開発銀行は、クリック・ドット・オーグ(Qlik.org)と協力して、短期的な経済上のニーズや、長期的な医療への投資のモデル化を進めている。さらなる感染拡大に備えると同時に経済への影響を最小限に抑えることがねらいだ。

エマートゥージェントでは、多くの人が安心して仕事に戻れる環境を判断するための指標の開発を目指している。そうした指標があれば、企業や行政が各種の資源をどこに投じ、どのような行動をとるべきかを決定しやすくなる。

同企業連盟では、グーグル・クラウドの「パブリック・データセット(Public Dataset)」と「ビッグクエリー(BigQuery)」、およびIBMの「クラウド・パック・フォー・データ(Cloud Pak for Data)」を活用する。IBMは、「データ・サイエンス・エリート(Data Science Elite)」と呼ばれる社内の専門家集団を動員する計画だ。

リーズは、複数の分野にわたる研究のノウハウを提供し、ロールス・ロイスは、産業技術に関係するデータ研究の専門性をもたらす。トゥルーアータはデータ保護技術、ザ・データ・シティーはリアルタイムの経済データを提供する。

【zdnet.com/article/rolls-royce-google-cloud-ibm-others-partner-to-model-covid-19-economic-recovery-return-to-work/】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る