ビヨンド・ミート、攻勢強める~徳用サイズと値引き提供へ

新型コロナウイルス危機による食肉生産の混乱で牛肉の価格が上昇する中、植物性「代替肉」メーカーのビヨンド・ミートはこの夏、一部の小売店に徳用パックと割引を提供してシェアの拡大を狙う計画だ。

ロイター通信によると、割高なビヨンドの代替肉の価格を牛肉に近づけるのが目的で、冷凍された徳用パックは通常より大幅な値引きが提供される。

一部の金融アナリストは、牛肉との価格差がビヨンド製バーガーの普及を遅らせている原因とみており、同社のイーサン・ブラウンCEOは「さらに差を縮める努力をする」と話している。ただし値引きはあくまでも一時的な措置で、長期的な価格設定は変えない意向。

金融大手ウェルズ・ファーゴによると、2020年1~3月期はビヨンドの代替肉の価格は本物のひき肉の2~3倍だった。

国内では、コロナによる食肉工場の稼働停止で食肉の生産が減少しており、労働者の間で感染が広がったために大型の食肉処理場を閉鎖したメーカーもある。季節は消費者が屋外でバーベキューを楽しむ時期に入っており、レストランも営業再開を検討し始める中、牛肉の卸値は記録的な水準に高騰。ニールセンによると、米国の小売店では4月25日までの週に生肉の価格が8%上昇した。

ウェルズ・ファーゴの調査では、植物性バーガーを食べない人の約4分の1は「価格」を理由に挙げており、3分の1以上は「味」を気にしている。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る