病院やグローサリー大手、コロナ禍でロボット導入を加速 ~ 接触回避や業務効率化に注力

新型コロナウイルスと最前線で向き合う病院やスーパーマーケット、そのほかの現場で、ソフトウェアやハードウェアのロボット導入が加速している。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、ダブリンのマーター・ミゼリコディア大学病院(700床)は、ウイルス感染検査結果を迅速に処理するために、ニューヨーク州拠点の事業プロセス自動化技術の一種であるRPA大手ユーアイパス(UiPath)が開発したソフトウェア・ロボット(自動化ソフトウェア)を導入し、過去3週間に1000件以上の検査を実施している。

ユーアイパスの自動化ソフトウェアを使うと、検査結果をわずか数分間で整理して配布できるため、担当者らは感染防止や管理対策を迅速に実行できる。以前であれば、検査結果を手作業で表に記入するか書き起こしていた。

一方、コネチカット州の高齢者施設メイプルウッド・シニアリビングは、テミUSA(Temi USA、ニューヨーク州拠点)が開発した自律走行型ロボットの導入を進めている。車輪付きの同ロボットは、高さが約3.5フィートで、コンピュータ・スクリーンを搭載し、三次元地図化(立体デジタル地図作成機能)や検知器、音声認識機能を使って人と交流する。

同ロボットは、動画チャット・アプリケーションを使って施設内の高齢者を親類や医師とつなぐほか、各部屋への小包み配達や部屋からの回収といった作業を自動化し、冗談を交えて対話することもできる。

そのほか、オンライン受注処理を自動化するマイクロ配送センター提供のテイクオフ・テクノロジーズ(Takeoff Technologies、マサチューセッツ州拠点)では、新型コロナウイルスの流行以降、米国内での設置依頼が2桁のペースで増えている、と報告した。同社が提供する典型的なマイクロ配送センターの広さは1万平方フィート。着手から4ヵ月以内に稼働を開始でき、1万5000点の異なる商品のオンライン受注処理に対応で きる。

同社のマイクロ配送センターでは、オンライン購入を受注すると複数のロボットが動き出し、棚から商品を集めて袋詰め作業場に運ぶ。同社のシステムは現在、米国内6ヵ所で導入されている。アルバートソンズやウェイクファーン・フード、ストップ&ショップといったグローサリー・チェーンの大手らが導入済みで、今後数ヵ月で導入会社が急増すると見込みだ。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  2. 2015-6-5

    “Live Your Dream” 「夢を生きる テイラー・アンダーソン物語」レジー・ライフ監督に聞く

     東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  3. 2018-6-1

    山にシティに魅力の宝庫コロラドは、 美しい。

    あれもこれも楽しめる 進化し続ける都市・デンバー ロッキー山脈は、北米大陸を約300...
  4. 2016-10-2

    第45回 日本のワイン品評会を評価する

     今年も8月に開催された『 ジャパン・ワイン・チャレンジ(JWC)』に招待され、審査員を務め...
  5. 2017-3-3

    第54回 多人種社会

     2017年1月、トランプ氏がアメリカ合衆国の大統領に就任した。彼は難民や移民の受け入れ審査を強化し...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る