Vrbo Japan

ウーバー、グラブハブの買収を交渉中 ~ 出前サービス事業の拡充をねらう

  • 2020年5月14日

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は、グラブハブ(Grubhub)の買収を模索している。両社は、ともに出前サービス市場の大手で、新型コロナウイルス・パンデミックによる外出制限を受けて需要を伸ばしている。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、出前サービスのウーバー・イーツを展開するウーバーは、競合社のグラブハブを全額株式交換で買収する案を2020年初めに提示して以来、グラブハブとの交渉を続けている。

グラブハブはそれに対し、グラブハブ1株あたり2.15のウーバー株を受け取るという修正案を逆提示したもよう。ウーバーの取締役会はその逆提示内容の評価結果を近日中に提示するとみられる。

ウーバーは、先日発表した四半期決算報告において、14%の増収を記録したものの、約29億の赤字を報告した。新型コロナウイルス対策による外出制限によって配車サービス需要が激減したことや、保有株式の評価額縮小で21億ドルの損失計上を強いられたためだ。

しかし、ウーバー・イーツ事業は、世界各地での都市封鎖や外出制限によって出前サービス需要が激増したため好調だった。

ウーバーは、ウーバー・イーツとグラブハブを合体させることで同市場での地位を一気に固め、副収入源と競争力を拡充したい考えだ。

【wsj.com/articles/uber-technologies-makes-takeover-approach-to-grubhub-11589296216?mod=tech_lead_pos1】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る