ウーバー、グラブハブの買収を交渉中 ~ 出前サービス事業の拡充をねらう

  • 2020年5月14日

ウーバー・テクノロジーズ(Uber Technologies)は、グラブハブ(Grubhub)の買収を模索している。両社は、ともに出前サービス市場の大手で、新型コロナウイルス・パンデミックによる外出制限を受けて需要を伸ばしている。

ウォール・ストリート・ジャーナルによると、出前サービスのウーバー・イーツを展開するウーバーは、競合社のグラブハブを全額株式交換で買収する案を2020年初めに提示して以来、グラブハブとの交渉を続けている。

グラブハブはそれに対し、グラブハブ1株あたり2.15のウーバー株を受け取るという修正案を逆提示したもよう。ウーバーの取締役会はその逆提示内容の評価結果を近日中に提示するとみられる。

ウーバーは、先日発表した四半期決算報告において、14%の増収を記録したものの、約29億の赤字を報告した。新型コロナウイルス対策による外出制限によって配車サービス需要が激減したことや、保有株式の評価額縮小で21億ドルの損失計上を強いられたためだ。

しかし、ウーバー・イーツ事業は、世界各地での都市封鎖や外出制限によって出前サービス需要が激増したため好調だった。

ウーバーは、ウーバー・イーツとグラブハブを合体させることで同市場での地位を一気に固め、副収入源と競争力を拡充したい考えだ。

【wsj.com/articles/uber-technologies-makes-takeover-approach-to-grubhub-11589296216?mod=tech_lead_pos1】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2016-11-1

    高品質、高機能、環境対応型のコンセプト提示 キャッチは“You’ll be Back”

    前倒しで米国進出した経緯は? 日本にて一番のホテルチェーンに認識されるまでになったら、いずれ海...
  2. 2018-3-6

    第58回 待っているものがある

     テクノロジーの発展で、人々の働き方も生活の仕方も激変している。買い物は自宅のPCからアマゾ...
  3. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...
  4. 2016-10-1

    スキルアップ&キャリアップ 生涯学習スクールガイド

    翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  5. 2019-12-4

    CCPA対策企画 Vol.1 カリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)施行へのカウントダウン

    2020年1月1日に発効するカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA=Californ...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る