香港の米国商工会議所加盟企業ら、4割弱が撤退を検討 ~ 米企業の競争力への悪影響が最大の懸念

香港の米国商工会議所(American Chamber of Commerce in Hong Kong=通称AmCham)が154社を対象に8月に再調査した結果、約39%が香港から撤退することを検討している、と回答したことがわかった。7月の調査ではその割り合いは35.5%だった。

南中国モーニング・ポスト紙によると、香港に進出する米企業らの過半は現在でも、香港に拠点を置き続けることを考えているものの、香港国家安全維持法(Hong Kong Autonomy Act=HKAA)の施行を受けて、香港外に拠点を移す考えを強めている。

香港国家安全維持法は、域外適用という異常な法律で、香港の政治や中国共産党を批判する人を場所や国籍にかかわらず拘束または逮捕できる内容だ。

アムチャム(AmCham)の今回調査によると、米政権による香港政府高官らに対する制裁が続くなら香港から移転することを検討する、と回答した割り合いは約35%。また、香港からすぐにでも撤退することを検討している割り合いは6%、中長期的にそれを検討すると答えた割り合いは32%、個人的に香港からの脱出を検討しているという回答は53%だった。

そのほか、香港の事業環境の見通しについて悲観的と答えた割り合いは75%に達し、HKAAの影響と米政府の政策について56%弱は「様子見」姿勢と回答し、45%は、従業員の士気に悪影響をおよぼしている、と答えた。

さらに、55%以上は、中国共産党による一連の強硬策と米政権による制裁措置や批判表明を受けて、香港とアジアにおける米企業の長期的競争力が犠牲になる可能性が最大の懸念事項と回答した。45%は、米政府による対中制裁が意図せずして特定業界に打撃をおよぼす可能性を懸念している、と答えた。

それらほとんどの割り合いは前回調査より高まっており、この約1ヵ月のあいだに、認識や見通しの悪化がかなり進行したといえる。

アムチャムは、香港最大の商工会議所で、40ヵ国以上からの600以上の団体(会社や組織、学校、機関)で構成され、加盟企業らの業界はほぼすべてにまたがる。アムチャムに加盟するおもな米技術会社およびそのほかの主要米社には、アクセンチュアやアメリカン・エクスプレス、アップル、ボーイング、シティバンク、コカ・コーラ、デル、エクソンモービル、フェイスブック、ゴールドマン・サックス、グーグル、ヒューレッ ト・パッカード、IBM、インテル、JPモルガン、KPMG、マイクロソフト、ニューヨーク・タイムズ、ペイパル、クアルコム、テスラ・モータース、ウーバー、ウォルマート、ウィーワークが含まれる。

アムチャムに加盟するおもな日本企業には三菱商事や三井不動産、郵船ロジスティクスがある。

【scmp.com/news/hong-kong/politics/article/3097257/some-four-10-us-businesses-considering-leaving-hong-kong】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る