カリフォルニアの新プライバシー法、消費者と企業に影響 ~ 集める個人データの分野を利用者に通知することを義務づけ

カリフォルニア消費者プライバシー法(California Consumer Privacy Act=CCPA)の最終版が14日に発効した。

2020年1月に発効したCCPAは、米企業による利用者データ収集行為を監視し、州内利用者が自身のデータを第三者に販売されないよう要求できることを規定する。

ロイター通信によると、今回発効した最終部分はデジタル・プライバシー保護を強化するもので、電子商取引サイトやソーシャル・メディアから自身のデータを消去することを要求できる権利を利用者に与えることに向けた大きな一歩だ。

CCPAの最終版では、任意の会社が集めた個人データの特定部分(たとえばスマートフォンの位置情報や録音内容、配車サービス利用経路、生体情報、標的広告関連データ)を見れる権利を州民に与える。また、任意の会社が個人データをどの第三者に売ったかを知る権利も認められる。

CCPAの最終部分が発効したことを受けて、カリフォルニア州内の企業は、個人データを集める際、またはその前に、どのような分野の個人情報かを消費者に適時に通知することが義務づけられる。CCPAは、年間5万人以上の個人情報を集めるすべての会社を適用対象とする。

カリフォルニア州が4000万人弱の人口をかかえることを考慮すれば、CCPAの最終版は、約10人に一人の米国人に影響することになる。

CCPAは、配車サービスや小売会社、ケーブル・テレビ会社、携帯電話サービス会社、そのほか商業目的で利用者の個人情報を集めるすべての会社に適用される。フェイスブックやアルファベット傘下のグーグル、アマゾン、アップル、ウォルマートらがその対象に含まれることは言うまでもない。

【reuters.com/article/us-california-regulations-privacycalifornia-posts-final-regulations-under-landmark-digital-privacy-law-impacting-consumers-businesses-idUSKCN25A2TW】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る