米住宅取り引き市場、パンデミック危機を仮想内見で克服 ~ マターポートの三次元技術が標準化

新型コロナウイルス感染症の流行によってほとんどの産業界で経済活動が低迷するなか、米国の住宅市場は堅調を保っている。住宅融資の記録的な低金利や、激増した在宅勤務を受けて都市部居住者の地方転居が進んだことがその要因で、その背景には三次元仮想化技術の存在がある。CNBCによると、不動産物件を三次元仮想化技術によって内見できるようにする機能が急拡大したことで、住宅取り引き市場は打撃を受けておらず、オンライン不動産検索サイト大手のレッドフィンとズィロウは当初の予想を上回る業績を記録した。

▽大都市では家賃低下も全米規模では住宅価格が上昇

ズィロウ(Zillow)のリック・バートンCEOは、成人4人のうち3人が仮想三次元内見技術を利用したいと回答したと指摘。仮想内見技術を「(不動産業界で)今後数年間続 くと予想される地殻変動」の一部、と同氏はみている。

サンフランシスコとシアトルに本社を持つズィロウは、従業員の在宅勤務を恒久的に認めることを最近明らかにした。ツイッター(Twitter)も同様の決定をしており、グーグル(Google)とフェイスブック(Facebook)は、従業員の遠隔労働をあと1年続ける方針だ。

不動産サービス会社ザンパー(Zumper)によると、米国で家賃がもっとも高い都市トップ10に入るサンフランシスコやニューヨーク、シアトルでは、遠隔労働の激増によっ て家賃の低下が進んでいる。住民の郊外転居にともない、たとえばマンハッタンの集合住宅契約は7月に半減した。

しかし、コアロジック(CoreLogic)の調べでは、全米規模では住宅価格は6月に前年同月比で4.9%上昇し、直近の5月からも4.1%高かった。

▽ダラス近郊の不動産会社、8月の取り引きが平均の約3倍に

テキサス州ダラス近郊の不動産会社シャープ・リアル・エステイト・グループ(Sharp Real Estate Group)では、3~4月に不動産取り引きが低迷したあと、三次元 内見技術を使い始めた5月以降に取り引き件数が急増したという。8月には、進行中の取り引きも含めると過去最高を記録する見通しで、これまでに月あたり平均の約3倍に相当する戸建て15軒、総額1600万ドルの契約をまとめた。

同社は、創業9年のシリコン・バレー新興企業のマターポート(Matterport)の不動産向け三次元カメラ(3400ドル)と物件一覧用のソフトウェアを採用し、物件の三次元 内見を可能にした。

▽マターポートの技術を使った仮想内見モデルの週あたり作成件数、157%増

マターポートの技術は従来、商用および住宅用不動産業界の大企業に使われてきたが、パンデミックを機に中小を含む不動産仲介業者から標準技術として導入されるようになった。

同社によると、3月初めから6月半ばまでに、同社技術を使って作られた内見用モデルの週あたり件数は157%増加した。

マターポートは5月、アイフォーン用アプリケーションを投入した。不動産業者は、三次元仮想内見向けコンテント作成用のカメラを購入する必要なく、不動産物件の三次 元仮想内見システムを構築して共有できるようになった。同アプリケーションによって同社ソリューションの普及が加速した。

▽契約業者数、2020年に10倍増

マターポートは、ハードウェア販売からソフトウェアのサブスクリプション・モデルへと事業モデルを転換し、現在では、スキャンした場所の数によって料金を決めている。

同社は、サブスクリプション・モデルの提供を2019年に開始した。同社によると、契約社(不動産取り引き業者)数は無料および有料利用者を含めて2020年に10倍に増加した。売上高は2020内に倍増する見通しで、早ければ2021年にも株式上場を目指す。

▽レッドフィン、仮想内件数がパンデミック後に300%以上に

レッドフィン(Redfin)もマターポートの技術を2014年から使っている。レッドフィンは5月に、仮想内見の視聴件数がパンデミック発生後に300%以上増えたと報告した。

独自の仮想内見用技術を導入したズィロウによると、不動産物件の売り手による三次元内見の利用件数は3月からこれまでに3倍に増加した。

テキサス州のリアル・エステイト・バイ・デザイン・グループ(Real Estate by Design Group)では、三次元内見技術を利用して買い手が実際に物件を見ることなく購入契約が成立した事例は2019年に14件あった。ことしになってその件数は7月時点で昨年とすでに並び、年内に25件に達すると予想される。

同社は、マターポートのカメラ1台を数年前に導入したのを皮切りに、現在では3台目の購入を検討中だ。同社によると、三次元内見はパンデミック前から人気だったが、都市封鎖や外出制限、移動制限が発令された3月中旬以降に標準化し、現在では完全に定着した。

【cnbc.com/2020/08/09/housing-market-skirts-crisis-with-help-of-zillow-matterport-3d-tours.html】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る