アジアの電子機器製造大手ら、メキシコでの生産拡大を模索 ~ 中国リスク拡大を受けて米国の「ニアショアリング」に注目

米中貿易戦争や新型コロナウイルス感染拡大を受けて多くの会社が国際供給網を見直すなか、台湾の電子機器メーカー鴻海(ホンハイ)精密工業やペガトロン(Pegatron) を含むアジアの製造大手らはメキシコでの生産拡大を模索中だ。

ロイター通信が両社の関係者の話しとして伝えたところによると、ホンハイは、メキシコの新工場でアイフォーンを生産する計画を検討中で、2020年内に最終決定を下す可能性が高い。ペガトロンは、チップやそのほかの電子部品を生産する新施設をメキシコに開ける計画について金融機関との交渉を始めた。

ホンハイは、メキシコに5つの工場をすでに持っている。その拡大は、米中貿易摩擦やパンデミック危機が長引くなかで中国を避けるという国際供給網の変化が広がってい ることを示すものだ。

また、米国政府も「ニアショアリング(近場での拠点設置)」を推進しており、トランプ政権は、各社がアジアから米国や中南米、カリブ海周辺に生産拠点を移しやすくする経済的奨励策の実施を模索している。

メキシコは、米国およびカナダとの新貿易協定(United States-Mexico-Canada Agreement=USMCA)に加え、地理や低賃金、時間帯といった面で米州向け製品の生産拠点として利点がある。

ホンハイの劉揚偉会長は最近、台北での投資家会議において、米中緊張悪化によって世界が「二つのグループ(G2)」に分かれている、と指摘した。同社はその両方にサービスを提供するため、2組の供給網の提供に取り組んでいる、と同氏は述べた。

同氏はまた、「世界の工場はもう存在しない」と語り、中国外での生産量がさらに増えていく、と指摘した。同氏によると、同社製品の約30%は中国以外で製造され、その比率は高まる見込みだ。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る