アルファベット、ジー・スイートを改名し価格帯を拡充~マイクロソフト・オフィス365との競争力強化をねらう

グーグルの親会社アルファベット(Alphabet)は10月6日、業務用生産性アプリケーション群のジー・スイート(G Suite)をグーグル・ワークスペイス(Google Workspace)というブランドに改名し、価格帯を増やしたことを明らかにした。

ジー・スイートには、ジーメール(Gmail)のほか、動画会議サービスのグーグル・ミートやグーグル・ドックスがある。

CNBCによると、今回のブランド改名および価格帯増加は、使用料金の増収に寄与すると期待されるほか、生産性アプリケーション市場最大手マイクロソフト(Microsoft)のオフィス365(Office 365)への対抗力を強化できる可能性がある。

それと同時に、アルファベットの稼ぎ頭であるグーグルのオンライン広告事業への依存度を下げ、法人向けクラウド事業の拡充にもつながる。

消費者向けのジーメールやグーグル・ドライブは、学校や非営利団体のあいだでは広く普及しているが、法人向け生産性アプリケーション市場ではマイクロソフトが圧倒的に強い。調査会社ガートナーによると、2019年における同市場では、マイクロソフトが 87.6%の占有率をにぎり、グーグルは11.5%にとどまった。グーグルはそれでも2018年の10.5%から占有率を拡大させた。

ジー・スイートの基本版は、利用者一人あたり月額6ドルで、ビジネス版は同12ドル。それらの料金は、ビジネス・スターターとビジネス・スタンダードの利用プランを使う利用者数300人未満の会社の場合、据え置かれる。

今回の改訂では、ビジネス・プラスという新たな選択肢が追加された。ビジネス・プラスは、より大きなセキュリティー機能を提供する。その価格設定は一人あたり月額18 ドル。そのほかにも、部署や班ごとに導入できるエッセンシャルズという新たな価格帯が一人あたり月額8ドルで追加された。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る