アルファベット、ジー・スイートを改名し価格帯を拡充~マイクロソフト・オフィス365との競争力強化をねらう

グーグルの親会社アルファベット(Alphabet)は10月6日、業務用生産性アプリケーション群のジー・スイート(G Suite)をグーグル・ワークスペイス(Google Workspace)というブランドに改名し、価格帯を増やしたことを明らかにした。

ジー・スイートには、ジーメール(Gmail)のほか、動画会議サービスのグーグル・ミートやグーグル・ドックスがある。

CNBCによると、今回のブランド改名および価格帯増加は、使用料金の増収に寄与すると期待されるほか、生産性アプリケーション市場最大手マイクロソフト(Microsoft)のオフィス365(Office 365)への対抗力を強化できる可能性がある。

それと同時に、アルファベットの稼ぎ頭であるグーグルのオンライン広告事業への依存度を下げ、法人向けクラウド事業の拡充にもつながる。

消費者向けのジーメールやグーグル・ドライブは、学校や非営利団体のあいだでは広く普及しているが、法人向け生産性アプリケーション市場ではマイクロソフトが圧倒的に強い。調査会社ガートナーによると、2019年における同市場では、マイクロソフトが 87.6%の占有率をにぎり、グーグルは11.5%にとどまった。グーグルはそれでも2018年の10.5%から占有率を拡大させた。

ジー・スイートの基本版は、利用者一人あたり月額6ドルで、ビジネス版は同12ドル。それらの料金は、ビジネス・スターターとビジネス・スタンダードの利用プランを使う利用者数300人未満の会社の場合、据え置かれる。

今回の改訂では、ビジネス・プラスという新たな選択肢が追加された。ビジネス・プラスは、より大きなセキュリティー機能を提供する。その価格設定は一人あたり月額18 ドル。そのほかにも、部署や班ごとに導入できるエッセンシャルズという新たな価格帯が一人あたり月額8ドルで追加された。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る