カリフォルニア、ウイルス接触追跡アプリケーション導入の最大州に~12月10日から利用可能

カリフォルニア州政府は12月7日、新型コロナウイルスに露出したかどうかを人々が追跡できるようにするモバイル・アプリケーションを発表した。

同アプリケーションは、アップル(Apple)とグーグル(Google)が異例の協業によって構築したプラットフォームを土台とする。その種のアプリケーションを導入した州としてはカリフォルニアが米国内最大となった。

ロイター通信によると、カリフォルニア州内の人々は、同アプリケーションを今週木曜(12月10日)から使えるようになる。アイフォーンの設定メニューで露出通知ツールを有効にして起動させるか、CAノーティファイ・アップ(CA Notify App)をグーグル・プレイからダウンロードすれば利用可能となる。

それらのアプリケーションは、端末間のブルートゥース信号によって他人(周囲のスマートフォン)との間隔や接触時間の長さを特定して近接接触を検出して記録する。感染者が判明すると、それらのアプリケーションは接触記録を照合して近接接触者を特定し、匿名の通知を近接接触者らに一斉に通知する。

米国内ではこれまで少なくとも600万人が21州と二つの米国領で同じシステムを使った。

CAノーティファイ・アップは、複数の州立大学キャンパスで9月から試験運用されてきた。そのうちの一つであるカリフォルニア大学サンディエゴ校は、同システムの運用を引き続き監督するとともに、利用者電話相談を運営する。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る