マイクロソフト、アジュール・デジタル・ツインズを一般提供~風力発電所や商業建物管理で実績

マイクロソフト(Microsoft)は12月8日、アジュール・デジタル・ツインズ(Azure Digital Twins)の一般提供を開始した。アジュール・デジタル・ツインズは、試用版として2018年10月に投入されていた。

ベンチャービート誌によると、マイクロソフトはまた、2020年5月に共同設立した業界団体デジタル・ツインズ・コンソーシアム(Digital Twins Consortium)が、これまでに民間企業や行政機関、学術機関を含む170以上の加盟組織を集めたことも公表した。

デジタル・ツインは近年に、さまざまの業界で採用されてきた。デジタル・ツインのソフトウェアを専門とするロンドン拠点の新興企業センサット(SenSat)は、建設や鉱業、エネルギーをはじめとするいくつもの業界で顧客を獲得している。ゼネラル・エレクトリック(GE)は、産業機械のパフォーマンスを管理するためのデジタル・ツインを提供している。

アジュール・デジタル・ツインズの利用顧客たちは、デジタル・ツインズ定義言語(Digital Twins Definition Language=DTDL)を使ってモデルを定義する。物理環境の物体や人を表現して、現実の様子をグラフで示し、そのグラフをアジュール・デジタル・ツインズのエクスプローラーで視覚化できる。さらに、外部の演算資源と接続することでデジタル・ツインのデータを処理および分析することもできる。

マイクロソフトによると、韓国の斗山重工業は、アジュール・デジタル・ツインズとベントリー・システムズ(Bentley Systems)の技術を使って、風力発電所のデジタル・ツインを構築した。斗山はそれによって発電状況を遠隔監視し、気象条件にもとづいて正確に予想できるようにしている。

また、建物管理技術大手のジョンソン・コントロールズ(Johnson Controls)はマイクロソフトと協力して、デジタル・ツインを活用した新しい建築設計ツールを開発しつつある。

土木工学模擬化技術を開発するアンシス(Ansys)は、アジュール・デジタル・ツインズとの統合を実現しており、かたや商業建物管理会社のブルックフィールド・プロパティーズ(Brookfield Properties)は、アジュール・デジタル・ツインズにもとづくウィロウ(Willow)の技術を使って、マンハッタンにある建物のデジタル・ツインを構築している。

調査会社のマーケッツ&マーケッツ(Markets and Markets)では、デジタル・ツインのサービス市場が2020年の31億ドルから2026年には482億ドルに成長すると予想している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る