マイクロソフト、アジュール・デジタル・ツインズを一般提供~風力発電所や商業建物管理で実績

マイクロソフト(Microsoft)は12月8日、アジュール・デジタル・ツインズ(Azure Digital Twins)の一般提供を開始した。アジュール・デジタル・ツインズは、試用版として2018年10月に投入されていた。

ベンチャービート誌によると、マイクロソフトはまた、2020年5月に共同設立した業界団体デジタル・ツインズ・コンソーシアム(Digital Twins Consortium)が、これまでに民間企業や行政機関、学術機関を含む170以上の加盟組織を集めたことも公表した。

デジタル・ツインは近年に、さまざまの業界で採用されてきた。デジタル・ツインのソフトウェアを専門とするロンドン拠点の新興企業センサット(SenSat)は、建設や鉱業、エネルギーをはじめとするいくつもの業界で顧客を獲得している。ゼネラル・エレクトリック(GE)は、産業機械のパフォーマンスを管理するためのデジタル・ツインを提供している。

アジュール・デジタル・ツインズの利用顧客たちは、デジタル・ツインズ定義言語(Digital Twins Definition Language=DTDL)を使ってモデルを定義する。物理環境の物体や人を表現して、現実の様子をグラフで示し、そのグラフをアジュール・デジタル・ツインズのエクスプローラーで視覚化できる。さらに、外部の演算資源と接続することでデジタル・ツインのデータを処理および分析することもできる。

マイクロソフトによると、韓国の斗山重工業は、アジュール・デジタル・ツインズとベントリー・システムズ(Bentley Systems)の技術を使って、風力発電所のデジタル・ツインを構築した。斗山はそれによって発電状況を遠隔監視し、気象条件にもとづいて正確に予想できるようにしている。

また、建物管理技術大手のジョンソン・コントロールズ(Johnson Controls)はマイクロソフトと協力して、デジタル・ツインを活用した新しい建築設計ツールを開発しつつある。

土木工学模擬化技術を開発するアンシス(Ansys)は、アジュール・デジタル・ツインズとの統合を実現しており、かたや商業建物管理会社のブルックフィールド・プロパティーズ(Brookfield Properties)は、アジュール・デジタル・ツインズにもとづくウィロウ(Willow)の技術を使って、マンハッタンにある建物のデジタル・ツインを構築している。

調査会社のマーケッツ&マーケッツ(Markets and Markets)では、デジタル・ツインのサービス市場が2020年の31億ドルから2026年には482億ドルに成長すると予想している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る