ペガサス・テック・ベンチャーズとジャパネット、長崎で投資基金を立ち上げ~ 新興企業を世界中から集めて地域開発を推進へ

会社が新興企業向け投資基金を立ち上げるのを手伝うシリコン・バレー拠点のペガサス・テック・ベンチャーズ(Pegasus Tech Ventures)は3月9日、日本のテレビ・ショッピング大手ジャパネットと提携し、5000万ドルのベンチャー・キャピタル(VC)基金を立ち上げたことを明らかにした。

テッククランチ誌によると、両社の共同VC基金は、長崎県で進行中の都市開発事業を含め、世界中から多くの新興企業を長崎に誘致して投資する計画だ。

ジャパネットは、新分野への事業拡張を推進するために新興企業を探している。それらの新分野には、2024年にオープン予定の長崎スタジアム・シティーという不動産開発事業計画がある。同社は、スポーツ競技場の周囲にいくつものオフィス・ビルディングや小売店、ホテル、催事会場といった商業施設を建設する都市再開発事業に参加する。それに加えて、高齢者向けサービスや児童教育にも進出したい考えだ。

ペガサス・テック・ベンチャーズのアニース・ウーザマンCEO兼代表取締役パートナーは、スタジアム・シティー計画について、地域経済の活性化と新たな製品およびサービスを地元にもたらすのに寄与する事業として長崎が立ち上げた、と説明した。新たな製品やサービスには、世界中の有望な新興企業によって提供される技術やソリューションも含まれる。

ジャパネットの計画では、「起業初期の新興企業らと新たな製品や技術、ソリューションを共同開発しながら、起業後期の新興企業らの地域化とスタジアム・シティーでの商業化を手伝う」かたちになる、とウーザマン氏は話した。

ペガサス・テック・ベンチャーズはそれにともなって専門班を編成し、ジャパネットが北米やイスラエル、欧州、アジアから集める新興企業らの評価や選定、誘致を手伝う。管理資産規模15億ドルのペガサス・テック・ベンチャーズは、「サービスとしてのベンチャー・キャピタル(venture capital-as-a-service)」を展開している。ジャパネットとの共同事業はその一環だ。

ジャパネットは、起業初期の新興企業に10万~100万ドルを投資し、より大きな起業後期の新興企業には100万~500万ドルを投資する計画だ。ジャパネットからの投資を受ける新興企業らは、ジャパネットの提携先である三菱地所やJLLモール・マネジメント、MSCクルージズ・ジャパンから事業運営や戦略上の支援を受けられる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る