ペガサス・テック・ベンチャーズとジャパネット、長崎で投資基金を立ち上げ~ 新興企業を世界中から集めて地域開発を推進へ

会社が新興企業向け投資基金を立ち上げるのを手伝うシリコン・バレー拠点のペガサス・テック・ベンチャーズ(Pegasus Tech Ventures)は3月9日、日本のテレビ・ショッピング大手ジャパネットと提携し、5000万ドルのベンチャー・キャピタル(VC)基金を立ち上げたことを明らかにした。

テッククランチ誌によると、両社の共同VC基金は、長崎県で進行中の都市開発事業を含め、世界中から多くの新興企業を長崎に誘致して投資する計画だ。

ジャパネットは、新分野への事業拡張を推進するために新興企業を探している。それらの新分野には、2024年にオープン予定の長崎スタジアム・シティーという不動産開発事業計画がある。同社は、スポーツ競技場の周囲にいくつものオフィス・ビルディングや小売店、ホテル、催事会場といった商業施設を建設する都市再開発事業に参加する。それに加えて、高齢者向けサービスや児童教育にも進出したい考えだ。

ペガサス・テック・ベンチャーズのアニース・ウーザマンCEO兼代表取締役パートナーは、スタジアム・シティー計画について、地域経済の活性化と新たな製品およびサービスを地元にもたらすのに寄与する事業として長崎が立ち上げた、と説明した。新たな製品やサービスには、世界中の有望な新興企業によって提供される技術やソリューションも含まれる。

ジャパネットの計画では、「起業初期の新興企業らと新たな製品や技術、ソリューションを共同開発しながら、起業後期の新興企業らの地域化とスタジアム・シティーでの商業化を手伝う」かたちになる、とウーザマン氏は話した。

ペガサス・テック・ベンチャーズはそれにともなって専門班を編成し、ジャパネットが北米やイスラエル、欧州、アジアから集める新興企業らの評価や選定、誘致を手伝う。管理資産規模15億ドルのペガサス・テック・ベンチャーズは、「サービスとしてのベンチャー・キャピタル(venture capital-as-a-service)」を展開している。ジャパネットとの共同事業はその一環だ。

ジャパネットは、起業初期の新興企業に10万~100万ドルを投資し、より大きな起業後期の新興企業には100万~500万ドルを投資する計画だ。ジャパネットからの投資を受ける新興企業らは、ジャパネットの提携先である三菱地所やJLLモール・マネジメント、MSCクルージズ・ジャパンから事業運営や戦略上の支援を受けられる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る