グーグル、オートメーション・エニウェアと提携 ~ RPAをクラウド・プラットフォームで普及加速へ

グーグル(Google)は、ロボティック業務過程自動化(robotic process automation =RPA)技術を開発するシリコン・バレー新興企業オートメーション・エニウェア(Automation Anywhere)と複数年にわたる戦略提携を結んだ。

RPAとは、これまで人間がパソコンを使って事務処理してきた単調な反復作業を自動化する技術だ。

ベンチャービート誌によると、グーグルは3月15日、企業向け市場にRPAを広めることが同提携のねらい、と説明し、オートメーション・エニウェアのプラットフォームをグーグル・クラウドで提供するとともに、人工知能とRPAを活用する製品の共同開発を模索する方針を明らかにした。

マッキンゼーの調査報告書では、すべての職業の約60%において業務活動の少なくとも3分の1が自動化できると報告された。また、セールスフォースが行った調査では、回答したIT部門の責任者の95%がワークフローの自動化を優先しており、また、回答者の70%が、自動化技術によって従業員一人につき週あたり4時間以上の作業時間が節約されていると見積もった。

グーグルは、今回の提携を通じて、オートメーション・エニウェアのロー・コードまたはノー・コードの開発ツールや人工知能ワークフロー作成ツール、API(application programming interface)管理ツールを提供していく。両社はまた、業界特有のニーズに対応するツールも共同開発する計画で、特に金融サービスや供給網、医療および生命科学、小売り、公共分野に重点を置く。

オートメーション・エニウェアは今後、グーグル・クラウドを自社プラットフォーム向けの優先クラウド・プロバイダーに位置づける。また、グーグル・クラウド・マーケットプレイスにも製品を提供し、クラウド環境やハイブリッド環境、現場設置型環境のすべてに製品を供給できるようにする。グーグルがオートメーション・エニウェアと提携したことは、RPA分野で活発に動いている競合他社への対抗姿勢を示した動きといえる。マイクロソフトは最近、RPA分野の新興企業ソフトモーティヴ(Softomotive)を買収し、IBMはWDGオートメーション(WDG Automation)を買収した。

また、オートメーション・エニウェアの競合社ブルー・プリズム(Blue Prism)は、これまでに1億2000万ドル以上を調達した。そのほか、クライオン(Kryon)は4000万ドル、フォートレスIQ(FortressIQ)は3000万ドルを調達している。さらにユーアイパス(UiPath)は2020年7月に7億5000万ドルを調達して、累積調達額20億ドル、評価額 350億ドルとなった。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る