シリコン・バレー大手ら、出社規制緩和でも遠隔労働を継続~ 6割以上がパンデミック後もハイブリッドを希望

サンフランシスコとその周辺の自治体政府らは各社の職場人口密度に上限を設定することで事務所再開を3月24日から許可したが、グーグル(Google)やツイッター(Twitter)を含むサンフランシスコ湾岸地域の多くの技術大手らは、あと数ヵ月ほど事務所閉鎖を続ける計画だ。

ロイター通信によると、サンフランシスコ市とサンタ・クララ郡の自治体は、新型コロナウイルスの感染者数減少を考慮して、定員数の25%を上限に24日から事務所再開を許可する指針を打ち出した。しかし、シリコン・バレー大手らは、最短でも2021年夏まで遠隔労働を続ける方針を2020年夏に決めており、それを維持する姿勢だ。

シリコン・バレーの技術大手らは、各種の公衆衛生データやそのほかの安全性要因を分析するとともに、従業員たちの要望も考慮した結果、事務所閉鎖を継続することを決めた、と話している。

シスコ・システムズ(Cisco Systems)とドロップボックス(Dropbox)は23日、在宅勤務を原則とする現行の指針を6月いっぱいまで続けることを決めており、ボックス(Box)は9月まで遠隔労働を続ける方針だ。

ピンタレスト(Pinterest)は、大々的な事務所再開に8月まで踏み切らない姿勢で、グーグルは9月いっぱいまで、ドキュサイン(DocuSign)は10月いっぱいまで完全閉鎖を続ける。

ツイッターとアドビ(Adobe)、ペイパル(PayPal)、トゥリオ(Twilio)、イェルプ(Yelp)、ズーム・ビデオ(Zoom Video Communications)らも出社規制緩和にかかわらず完全遠隔労働を続ける計画だ。

フェイスブック(Facebook)は、世界中で7月2日まで事務所を完全閉鎖する計画だが、シアトル事務所では従業員の10%に出社を認めることを先日発表した。

一方、SAPのシリコン・バレー支社やスラック・テクノロジーズ(Slack Technologies)は、一部の従業員らの出社を認めることを検討している。

かたや新興企業のファスト(Fast)は、従業員56人の最大25%が24日から出社することを許可した。

スラックが9000人の知識職を対象に実施した調査では、20%が遠隔労働の継続を希望し、17%が出社勤務を望み、63%がハイブリッド(遠隔労働と出社の混合)を希望していることがわかった。

IBMは取材に応じなかった。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る