ホーム・ディーポとロウズ、複合販路融合の拡充に注力~ パンデミックを受けた軌道修正で成果

日曜大工用品小売チェーン大手のホーム・ディーポ(Home Depot)とロウズ(Lowe’s)は、効率化と競争力を強化するための供給網刷新を進めている。

新型コロナウイルス・パンデミックが2020年春に始まってオンライン化の重要性が一段と高まったことや、春夏の繁忙期に向けた業務効率化を次段階に高めるために、両社ともそれぞれ10億ドルという巨額を投じ、供給網管理技術とオンライン注文処理システム網の刷新に注力している。

サプライ・チェーン・ダイヴ誌によると、不可欠(必須)小売会社に位置づけられたことでパンデミック中の店舗閉鎖を義務づけられなかった両社は、オンライン注文品の店頭引き渡しやオンライン販売の増加を受けて、パンデミック下での2回目の繁忙期を迎えるなか、オンラインとオフラインを融合させた複合販路戦略を推進している。

ホーム・ディーポでは、パンデミック以降、それまでの技術活用計画を変更し、配送および大量注文処理に特化させるはずだったシカゴ施設をオンライン販売向けの直接受注処理センターに転換させた。

ロウズは、パンデミック前の資本支出計画を変更して複合販路拡充に予算をあて、非接触型の店頭引き渡しロッカーを支店群に設置し、オンライン受注処理に特化した専門部隊を各支店に配置した。

両社ともオンラインとオフラインの融合戦略を2010年代後半から進めていたため、 2020年3月以降にそれを一気に加速させた。

両社はさらに、ウェブサイト訪問者たちが商品のSKU(stock-keeping unit)を商品サイト・ページ上で確認できるようにした。そのほか、店頭引き渡しを望む消費者に対し、消費者の端末から位置情報を検出してその周辺地域にあるどの支店に当該商品の在庫があるかどうかを確認できるようにした。その結果、ホーム・ディーポの既存店売上高は、2020年第4四半期に前年同期比25%増、ロウズでは28%増を記録した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る