データマラン、企業幹部向けリスク分析技術を市場投入~社外のリスク要因400項目以上を追跡し特定

企業向けリスク分析プラットフォームを開発するデータマラン(Datamaran)は4月28日、社外のリスク要因を分析して経営幹部に報告するデータマラン・フォー・エグゼクティブス(Datamaran for Executives)を市場投入した。

PRニューズワイヤーによると、同技術は、ESG(environmental, social, and governance=環境、社会責任、企業統治)をはじめ、技術革新や政治情勢といった社外リスク要因を400項目以上にわたって監視および特定する。規制当局やメディア、一般市民への情報開示に関係する環境を継続的にスキャンすることで、その機能を可能にする。

データマラン・フォー・エグゼクティブスは、経営陣によるリスク管理戦略の策定を支援することを目的とする。リスク対応が不十分の部分の分析結果や、リスクがどこに存在し時間とともにどのように変化し得るかといった証拠や要因を提示する。

同社の技術はこれまで、アメリカン・エレクトリック・パワー(American Electric Power)やBBVA、バンク・オブ・モントリオール(Bank of Montreal)、シスコ(Cisco)、フィリップス(Phillips)を含む多くの大企業に採用されている。

「過去7年間にわたり、大企業らはデータマランを使って、データ主導の重要課題分析(material analysis)過程を実現してきた。今回の新製品を使うことで、各社の幹部らはESGを確実に管理し、外部リスク管理の難しい課題に対応できるようになる」と、データマランのマルヘラ・ルクール・アルマ共同設立者兼CEOは話している。

「あまりにも多くの情報が氾濫している。おもなリスク指標を見極めて測定することや、物事が加速して何かが起こりそうになっている状況を理解することはわれわれにとって非常に重要だ」とアメリカン・エレクトリック・パワーのリサ・グロフ最高リスク責任者は語っている。

データマランはまた、コンサルティング大手のEYと提携し、ネクストジェン・エンタープライズ・リスク・マネジメント(NextGen Enterprise Risk Management)というサービスを提供していくことも発表した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る