私企業投資大手アポロ、ベライゾン・メディアを50億ドルで買収~ 手続き完了後に「ヤフー」として復活へ

ベライゾン(Verizon)は5月3日、メディア資産をアポロ・グローバル・マネジメント(Apollo Global Management)に50億ドルで売却することに合意した、と発表した。

テッククランチ誌によると、アポロは42.5億ドルの現金と7.5億ドルの優先株をベライゾンに払い、当該メディア資産が独立して誕生する新会社の10%を保有する。

ベライゾンが売却するメディア資産は、かつてヤフー(Yahoo)やAOLのインターネット・メディアで占められる。それらのデジタル・メディアには、コンテントのブランド群やオンライン広告事業、情報発信媒体が含まれる。技術業界オンライン専門誌のテッククランチもその一つだ。

私企業投資大手であるアポロは、ベライゾン・メディアの買収が完了したのちにヤフーに改名して独立させる計画だ。日本以外では「ヤフー」は消滅しているため、ベライゾン・メディアがアポロ傘下となってヤフーの名称が米国で復活することになる。買収手続きは2021年後半に完了する見通し。

デジタル・メディアの取得に50億ドルの買収額は巨額に思えるが、ベライゾンがそれらの獲得に払った額が90億ドル以上であることを考慮すれば、今回の合意額は驚くほどの額ではない。

ベライゾンは、事業拡大戦略としてデジタル・メディア事業に注力した時期がある。同社は、2015年にAOLを、2017年にヤフーのインターネット資産を買収し、その後、それらを再編して統合してベライゾン・メディアという事業部門を立ち上げた。しかし、ベライゾン・メディアは、グーグルやフェイスブック、そのほかインターネット大手らとの競争に苦戦し、2018年に46億ドルの損失を計上した。

ベライゾンは、AOLのデジタル・メディア資産を買い取った際、ハフィントン・ポストやテッククランチ、エンギャジェット(Engadget)といった多くのデジタル・メディアを吸収した。

ヤフーのデジタル・メディアを買い取った際には、ヤフーの検索ポータルと各種のオンライン・サービス群、タンブラー(Tumblr)、そのほか多くのニュース・サイトやオンライン情報誌を獲得した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る