私企業投資大手アポロ、ベライゾン・メディアを50億ドルで買収~ 手続き完了後に「ヤフー」として復活へ

ベライゾン(Verizon)は5月3日、メディア資産をアポロ・グローバル・マネジメント(Apollo Global Management)に50億ドルで売却することに合意した、と発表した。

テッククランチ誌によると、アポロは42.5億ドルの現金と7.5億ドルの優先株をベライゾンに払い、当該メディア資産が独立して誕生する新会社の10%を保有する。

ベライゾンが売却するメディア資産は、かつてヤフー(Yahoo)やAOLのインターネット・メディアで占められる。それらのデジタル・メディアには、コンテントのブランド群やオンライン広告事業、情報発信媒体が含まれる。技術業界オンライン専門誌のテッククランチもその一つだ。

私企業投資大手であるアポロは、ベライゾン・メディアの買収が完了したのちにヤフーに改名して独立させる計画だ。日本以外では「ヤフー」は消滅しているため、ベライゾン・メディアがアポロ傘下となってヤフーの名称が米国で復活することになる。買収手続きは2021年後半に完了する見通し。

デジタル・メディアの取得に50億ドルの買収額は巨額に思えるが、ベライゾンがそれらの獲得に払った額が90億ドル以上であることを考慮すれば、今回の合意額は驚くほどの額ではない。

ベライゾンは、事業拡大戦略としてデジタル・メディア事業に注力した時期がある。同社は、2015年にAOLを、2017年にヤフーのインターネット資産を買収し、その後、それらを再編して統合してベライゾン・メディアという事業部門を立ち上げた。しかし、ベライゾン・メディアは、グーグルやフェイスブック、そのほかインターネット大手らとの競争に苦戦し、2018年に46億ドルの損失を計上した。

ベライゾンは、AOLのデジタル・メディア資産を買い取った際、ハフィントン・ポストやテッククランチ、エンギャジェット(Engadget)といった多くのデジタル・メディアを吸収した。

ヤフーのデジタル・メディアを買い取った際には、ヤフーの検索ポータルと各種のオンライン・サービス群、タンブラー(Tumblr)、そのほか多くのニュース・サイトやオンライン情報誌を獲得した。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る