ダークサイド、身代金累計は9000万ドルか~入金管理のデジタル財布が空に、活動停止の可能性

世界的なハッカー集団のダークサイドがこれまでに受け取った身代金は計9000万ドルにのぼるとみられる。また、ダークサイドは活動を停止した可能性がある。調査会社の調べでわかった。CNBCが報じた。

▽「サービスとしてのランサムウェア」モデルで運営

東欧かロシアを拠点とするハッカー集団のダークサイド(DarkSide)は、活動を停止したとみられる先週までに総額9000万ドルの身代金を荒稼ぎしたもよう。

直近の攻撃として米石油輸送管運営大手コロニアル・パイプラン(ColonialPipeline)にランサムウェア攻撃をしかけ500万ドルの身代金を先週か先々週に受け取ったとみられるダークサイドは、「サービスとしてのランサムウェア(ransomware asa service)」モデルを運営し、ハッカーらが開発して市場化するランサムウェア・ツール群をサイバー犯罪集団らに販売してきた。

犯人らは通常、暗号通貨での身代金支払いを標的会社に要求し、その手段としてビットコインを指定するとみられる

▽証拠隠滅のために暗号通貨財布を閉鎖か

ロンドン拠点のブロックチェーン分析および調査会社エリプティック(Elliptic)は、ダークサイドが身代金を回収するために使ったとみられるデジタル財布を特定したことを5月14日に報告した。それと同じ日、インテル471の研究者らは、ダークサイドが暗号通貨財布を閉鎖したと報告した。

インテル471によると、エリプティックが特定したダークサイドの暗号通貨財布はその日までに空になっていた。米当局による捜査が劇的に厳しくなったため、証拠隠滅のために暗号通貨財布を閉鎖したものとみられる。

▽9ヵ月間で47社から計9000万ドル

エリプティックは5月18日、ダークサイドとその提携ハッカーらが、ダークサイドの活動期間である過去9ヵ月間に少なくとも総額9000万ドルの身代金を被害会社47社から暗号通貨で受け取ったと報告した。被害額平均は約190万ドルになる、と同社は話した。

同社によると、ダークサイドのビットコイン財布には先週時点で530万ドル分のビットコインがあった。一部では、米政府がそれを差し押さえたという観測もある。

9000万ドルのうち1550万ドルはダークサイドのランサムウェア開発者らに支払われ、7470万ドルは提携者ら(実行犯の集団)に支払われた、とエリプティックは報告した。身代金のほとんどは、暗号通貨交換サービスに持ち込まれて各種の法定通貨に換金されたとみられる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る