米テレビ画面利用時間の26%は逐次再生サービス ~ ニールセンの最新調査、従来型テレビ視聴時間は減少傾向

米国人の過半数は、動画視聴手段の多様化が進んだ現在でも、多くの時間をネットワーク・テレビ(日本の「キー局」に相当)やケーブル・テレビの視聴に費やしているが、デジタル動画逐次再生が継続的に視聴時間を奪っていることがニールセンの最新調査によってあらためて明らかにされた。

CNBCによると、ニールセンは6月17日、米国内でテレビ画面に費やされた時間のうち、ネットワーク・テレビとケーブル・テレビが計64%を占め、26%は、ネットフリックス(Netflix)やフールー(Hulu)に代表される動画逐次再生(配信)サービスで占められた、と報告した。また、8%は「そのほか」だった。「そのほか」には、VOD(video-on-demand)や、ケーブル用STB(set-top box)経由での逐次再生、あるいはビデオゲームやDVD視聴が含まれる。

従来型テレビ・サービスでの視聴時間の占有率64%に対して動画逐次再生サービスの26%はそれほど大きくない数字に思えるが、成長率でみるとテレビ業界にとっては脅威的だ。動画逐次再生サービスが視聴時間全体に占めた割り合いは2020年に約20%だった。1年間で20%から26%への拡大は非常に速い。それに対し、従来型テレビ・サービスに費やされる時間は微減傾向が続いている。ニューヨーク・タイムズでは、動画逐次再生サービスの視聴時間が占める割り合いが2021年末までに33%に達する可能性がある、と報じている。それらの立場が逆転するのは時間の問題だ。

米消費者が従来の有料テレビ・サービスを解約して逐次再生サービスに移行する動きは何年も前から顕在化している。特に、新型コロナウイルス・パンデミックによって自宅内娯楽時間が激増したため、その動きがさらに強まっているとみられる。

調べによると、2020年以来、米国内で700万近くの世帯が従来型の有料テレビ・サービスを解約し、過去最高記録を更新した。その一方で、平均的な世帯では、何らかの有料動画逐次再生サービスに加入している、とデロイトが4月に報告した。

動画逐次再生サービス市場は過去2~3年間に競争が一気に激化した。それ以前には、開拓者のネットフリックスを筆頭にフールーやユーチューブが主力だったが、アップルTV+やアマゾン・プライム・ビデオ、ディズニー+が参入し、激戦市場と化した。

同市場ではこれまでのところ、ネットフリックスとユーチューブが勝者とみなされている。それぞれ約6%の視聴時間占有率をにぎっている。そのほか、ディズニー傘下のフールーが3%、アマゾン・プライム・ビデオが2%、ディズニー+が1%と続く。ただ、成長率ではディズニー+の躍進が目覚ましい。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る