最新の車載機能、あまり使われず ~ JDパワー調査

車の最新機能は、コンパクトカーにも満載され、価格が高騰する一因になっているが、運転者はあまり活用していないという調査結果が発表された。

■不要なものは無視

JDパワーの2021年米国テック体験指数(TXI)調査で、消費者は高いお金を払ってハイテク機能搭載の車を買っても、興味のない機能は無視していることが分かった。

フューチャーカーによると、JDパワーは「新車価格はコンテントの充実もあって記録的に上昇している」「所有者が払った金額に見合う価値を得ているなら問題ないが、多くの所有者にとっては無用に見える機能もある」と指摘した。

調査は、1)エネルギーと持続可能性、2)利便性、3)新しい自動化技術、4)インフォテインメントと接続性…の4つに分類した36のテクノロジーについて分析したが、先進技術3つのうち1つ以上について「車の購入後90日以内に使った」という人が半数もいなかった。所有者が「単にその技術の必要性を感じないから」が、理由だった。

ドライバーまたは搭乗者向けのコミュニケーション技術について、新車オーナーの61%は使ったことがない、51%は必要ないと答えた。

■革新的テクノロジーも

一方、消費者が役立ちそうだと思う技術については、別の車を買う時も搭載されていることが重要になりそうだ。後方カメラの映像を映すカメラ・リアビュー・ミラーや、車の前後左右および下まで見えるグラウンド・ビュー・カメラは、最高評価を得た機能だった。

調査では、運転体験を向上させる機能はいくつかあるが、そうでない機能があることも分かった。身振り手振りで操作できるジェスチャー制御技術の場合、100台当たりの不具合指摘件数が41と多かった。反対に、一部EVに搭載されているワンペダル運転技術(アクセルペダルを戻せば自動でブレーキがかかる機能)はわずか8と、高い満足度が示された。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る