最新の車載機能、あまり使われず ~ JDパワー調査

車の最新機能は、コンパクトカーにも満載され、価格が高騰する一因になっているが、運転者はあまり活用していないという調査結果が発表された。

■不要なものは無視

JDパワーの2021年米国テック体験指数(TXI)調査で、消費者は高いお金を払ってハイテク機能搭載の車を買っても、興味のない機能は無視していることが分かった。

フューチャーカーによると、JDパワーは「新車価格はコンテントの充実もあって記録的に上昇している」「所有者が払った金額に見合う価値を得ているなら問題ないが、多くの所有者にとっては無用に見える機能もある」と指摘した。

調査は、1)エネルギーと持続可能性、2)利便性、3)新しい自動化技術、4)インフォテインメントと接続性…の4つに分類した36のテクノロジーについて分析したが、先進技術3つのうち1つ以上について「車の購入後90日以内に使った」という人が半数もいなかった。所有者が「単にその技術の必要性を感じないから」が、理由だった。

ドライバーまたは搭乗者向けのコミュニケーション技術について、新車オーナーの61%は使ったことがない、51%は必要ないと答えた。

■革新的テクノロジーも

一方、消費者が役立ちそうだと思う技術については、別の車を買う時も搭載されていることが重要になりそうだ。後方カメラの映像を映すカメラ・リアビュー・ミラーや、車の前後左右および下まで見えるグラウンド・ビュー・カメラは、最高評価を得た機能だった。

調査では、運転体験を向上させる機能はいくつかあるが、そうでない機能があることも分かった。身振り手振りで操作できるジェスチャー制御技術の場合、100台当たりの不具合指摘件数が41と多かった。反対に、一部EVに搭載されているワンペダル運転技術(アクセルペダルを戻せば自動でブレーキがかかる機能)はわずか8と、高い満足度が示された。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る