サイバー・マンデイのオンライン買い物はやや低調 ~ 全体的には購買意欲は旺盛

2021年のサイバー・マンデイ(感謝祭連休明けの月曜日)における米小売業界のオンライン販売高は、やや低調と見積もられる。特売数が例年より少なく、世界規模での供給網逼迫がその要因とみられるが、全般的データをみると、米消費者らの購買意欲は旺盛といえる。

ロイター通信によると、米小売会社らは、販促をより長期間に分散することで、流通コストを抑えて利幅を守るという対策をとっている。

年末商戦期は、正式にはブラック・フライデイ(感謝祭翌日の金曜日)からクリスマス直前までの約4週間にまたがる。しかし、供給網逼迫による品薄や、すでに上昇している物流コストの影響を最小化するために、多くの小売会社は年末商戦をブラック・フライデイ前から本格化させ、さまざまの特売を10月から宣伝してきた。その結果、通常ならブラック・フライデイとサイバー・マンデイに集中する買い物が分散した。

アドビ・アナリティクス(Adobe Analytics)のデータによると、感謝祭当日とブラック・フライデイのオンライン支出(買い物)は史上初めて前年を下回った、とアドビ・デジタル・インサイツのテイラー・シュライナー氏は発表した。

アドビのデジタル経済指標(Digital Economy Index)によると、サイバー・マンデイにおける米オンライン支出(売上高、販売高)は、米東部時間11月29日午後9時現在で70億ドル。アドビはそれを受けて、サイバー・マンデイのオンライン売上高が104億ドル~111億ドルになるという予想を示した。

当初の予想では102億ドル~113億ドルだったことから、予想の範囲内におさまる見通しだ。2020年のサイバー・マンデイのオンライン売上高は前年比15%増の108億ドルだった。ことしは前年比成長率でみれば大きな鈍化といえる。

かたや、米オンライン買い物を支払い手段ごとに追跡するマスターカード・スペンディングパルス(MasterCard SpendingPulse)の調査によると、11月26日~同28日における米消費者の支出額(買い物額)は前年同期比14%増を記録した(自動車を除く)。同統計にはオフライン(実在店舗内)での支出も含まれる。したがって、ことしのブラック・フライデイ週末(金曜~日曜)は、オフライン販売が非常に好調で、全体としては米消費者の購買意欲は例年以上に旺盛だといえる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る