ターゲット、復活を図るためにアマゾンに学ぶ ~ ポスト・パンデミックでの事業活性化に注力

小売チェーン大手ターゲット(Target)は、オンライン小売最大手のアマゾン(Amazon)からさまざまの小売技術を学ぼうとしている。

オーストラリアン・ファイナンシャル・レヴュー紙によると、ターゲットは、新型コロナウイルス・パンデミックを受けた都市封鎖や営業制限による打撃から復活するために、クラウド・サービス群やデジタル・ツール群を駆使してオンライン小売部門を大幅に拡充する方針を打ち出している。同社はそれにともなって、アマゾン・ウェブ・サービシズ(Amazon Web Services=AWS)をクラウド提供業者として選んだ。

ターゲットによると、AWSは、マイクロソフト・アジュール(Azure)に代表されるクラウド競合社にくらべてウェブサイトの動作を早くでき、安定性もより高く、個々の顧客への反応も迅速に実行でき、さらにコストが90%低い。

アジュールもほかの小売業界大手らに選ばれており、AWSと比較しても技術的およびコスト的な優劣はそれほど明白ではない。小売業向けソリューションに強みを持つというAWSの特性が、ターゲットにとって採用の決め手になったもようだ。

ターゲットの技術担当統括責任者サマンサ・マッキンタイヤー氏は、現在、売り上げ全体の約15%しか占めないオンライン販売高を激増させることを目標に掲げており、それを実現するにはAWSとの協業が最善の選択肢だと判断した、と説明した。

ターゲットは、AWS採用以前には、特売や新製品発売といった需要急増時にオンライン・システムが対応しきれずに販売機会を逃すことも多々あった。最新の在庫をオンライン消費者に提供したり、新たなオンライン買い物機能を導入したりするのに、従来なら2ヵ月かかっていたのが、AWSを採用したことで1日で実行可能になった、とマッキンタイヤー氏は話した。

ターゲットがAWSを選んだ理由にはもう一つある。それは、アマゾンの革新的な店舗内技術だ。アマゾンは、キャッシャーレス店舗技術を最初に実用化した小売会社であり、また、オンライン購入者への商品引き渡しも完全非接触化するソリューションを普及させた。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る