アマゾン、遠隔医療サービスを全米に拡大 ~ 対面医療でもことし中に20都市を追加へ

アマゾンは2月8日、同社の遠隔医療サービス制度「アマゾン・ケア(AmazonCare)」を全米に拡大させたことを明らかにした。アマゾン・ケアは、仮想(オンライン)医療と対面医療の両方をオンデマンドおよび外来診察の両方で提供することで、医療サービスの足りない部分を補うことをねらうサービスだ。

テッククランチ誌によると、アマゾン・ケアの仮想医療サービスは全米を対象とするが、対面医療サービスはまだ限定的で、2022年中に20都市が追加される見通しだ。

対面サービスは現在、シアトルやボルチモア、ボストン、ダラス、オースティン、ロサンゼルス、ワシントンDC、アーリントンで提供されている。同社は、サンフランシスコとマイアミ、シカゴ、そしてニューヨーク市を含む主要都市に対面サービスを拡大する予定。

アマゾン・ケアは、自社従業員とその家族を対象に2019年にシアトルで最初に提供開始された。同社は2021年3月に、同サービスを他社にも提供し始めた。同サービスを利用する会社にはホール・フーズやシリコン・ラブがある。

アマゾン・ケアは、救急医療と一般診療内科(家庭医療)を提供する。インフルエンザやフルー・ショット(予防接種)のほか、病気の診断やけがの治療、処方薬を提供する。新型コロナウイルス・パンデミックが始まってからは、コーヴィッド19(COVID-19)のウイルス検査やワクチン接種にも対応した。

米国では医療費が異常に高く、医療保険制度も限定的であるため、医療や保険に不満を持つ人は多く、受診に消極的になり病気の発見が遅れることもある。アマゾン・ケアでは、遠隔診察を気軽に受けられるようにすることで、病気の早期発見を促進し、悪化する前(治療費が高額になる前)に治し、医療コストを抑えるというねらいもある。従業員らの健康管理と健康維持を優先し、患者のニーズにかならず応える医療サービスの確実な提供に重きを置いている、とアマゾン・ケアのクリステン・ヘルトン代表は話した。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る