ドキュサインとズーム、動画会議内での署名を可能に ~ 機能統合によって単一プラットフォームで実現

電子署名サービス大手ドキュサイン(DocuSign)と動画会議サービス大手ズーム(Zoom)は2月15日、ズームのプラットフォームを使った会議内での文書の確認と署名を可能にするために機能統合したことを明らかにした。

テッククランチ誌によると、利用会社らは、ドキュサイン・イーシグネチャー・フォー・ズーム(DocuSign eSignature for Zoom)と呼ばれるその新機能を使うことで、仮想対面電子署名によって事務所に出向くことなく書類に署名でき、合意過程や契約締結過程を大幅に簡便化できる。

ドキュサインの電子署名製品担当上席副社長ジェローム・レヴァデュー氏は、新型コロナウイルス・パンデミックが遠隔文書署名の完璧な利用機会を一気に拡大させた、と話した。

従来であれば、協議や合意のためにズーム会議を開いたのち、ドキュサインのソフトウェアを起動させて電子署名をする必要があった。しかし、今回の新機能によって、利用者らはドキュサインを開くことなく、ズーム・プラットフォームでのオンライン会議中に署名できる。

新機能は、ズーム・アプリケーションのインターフェイスに追加されるドキュサイン・ボタンをクリックすることで利用可能となる。利用者は、クリック後に当該書類を選択する。複数人数の署名にも簡単操作で対応可能だ。

会議終了後には、署名済み書類のPDFが、ズーム会議招待時の参加者全員に電子メールで自動送信される。

公証が必要な場合には、公証人がその過程の一環として当該人物の身分証明書をズーム会議で確認し、両者が書類に署名できる。米国では現在、34の州でオンライン公証が認められている。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  2. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  3. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  4. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  5. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  6. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  7. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  8. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
ページ上部へ戻る