ドキュサインとズーム、動画会議内での署名を可能に ~ 機能統合によって単一プラットフォームで実現

電子署名サービス大手ドキュサイン(DocuSign)と動画会議サービス大手ズーム(Zoom)は2月15日、ズームのプラットフォームを使った会議内での文書の確認と署名を可能にするために機能統合したことを明らかにした。

テッククランチ誌によると、利用会社らは、ドキュサイン・イーシグネチャー・フォー・ズーム(DocuSign eSignature for Zoom)と呼ばれるその新機能を使うことで、仮想対面電子署名によって事務所に出向くことなく書類に署名でき、合意過程や契約締結過程を大幅に簡便化できる。

ドキュサインの電子署名製品担当上席副社長ジェローム・レヴァデュー氏は、新型コロナウイルス・パンデミックが遠隔文書署名の完璧な利用機会を一気に拡大させた、と話した。

従来であれば、協議や合意のためにズーム会議を開いたのち、ドキュサインのソフトウェアを起動させて電子署名をする必要があった。しかし、今回の新機能によって、利用者らはドキュサインを開くことなく、ズーム・プラットフォームでのオンライン会議中に署名できる。

新機能は、ズーム・アプリケーションのインターフェイスに追加されるドキュサイン・ボタンをクリックすることで利用可能となる。利用者は、クリック後に当該書類を選択する。複数人数の署名にも簡単操作で対応可能だ。

会議終了後には、署名済み書類のPDFが、ズーム会議招待時の参加者全員に電子メールで自動送信される。

公証が必要な場合には、公証人がその過程の一環として当該人物の身分証明書をズーム会議で確認し、両者が書類に署名できる。米国では現在、34の州でオンライン公証が認められている。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る