連邦のEV充電インフラ支援、まずは州間道路を優先

2021年に連邦議会で承認された約1兆ドルの連邦インフラ法案で、電気自動車(EV)の充電網構築のために割り当てられた計75億ドルの予算は、まず50億ドルを州間道路への急速充電器の設置に充て、その後に農村部や混雑した都市部などに広げることになる。

■最初の1年で6億ドル

ウォールストリート・ジャーナルによると、充電ネットワークの整備はクリーンエネルギー車への移行を加速させるバイデン大統領の政策の重要な部分で、まずは全米を結ぶ使用頻度の高い州間道路沿いに充電所を設置し、電池切れを心配せず長距離を移動できるという安心感をEVドライバーに与える。早ければ9月にも州に資金が交付される可能性があり、連邦当局はこのほど、州が建設資金を申請する際の指針を発表した。

計画によると、政府は従来の自動車専用道路に対する連邦助成金と同じ形式で、プログラムの最初の12カ月に計6億1500万ドルを州に支給する予定で、テキサス、カリフォルニア、フロリダ各州に最も手厚く分配される見込み。

■50マイルごとに設置

指針は、州は州間道路をほかの場所よりも優先して充電所の建設を進めるべきと規定している。運輸長官は、州間道路を中心とする使用頻度の高い幹線道路を結ぶ計画を認定する。連邦政府はすでに「回廊(corridor)」と呼ばれる多くの州間幹線道路を設定しているが、州は事業認可の申請でその調整または拡張の承認を求めることができる。

充電所は50マイルごとに、州間道路から1マイル以内の場所に設置しなければならず、それぞれ少なくとも合計600キロワット(kW)の出力が必要で、150kW以上を同時に供給できる4つ以上のポートを設置する。一般ドライバーまたは複数の車両運用業者が利用できるようにする必要があり、一般ドライバー向けの場合は、個人所有の駐車場に充電所を設置することができる。

行政当局は、従来のガソリンスタンドと同じくらい簡単に充電所を利用したいという一般市民の要望に対応することを目指しており、そのために長期の家族旅行、休暇、または商品を輸送する車やトラックが多く利用する州間道路に焦点が当たった。ただし、連邦政府の資金はこれらの充電所設置コストの80%しか賄えず、連邦道路管理局(FHWA)はほとんどの州は民間部門と契約して充電所の設置と運営を行うと見込んでいる。

■25億ドルで残りをカバー

残りの25億ドルの連邦資金に関しては、充電所設置プログラムを共同で実施している運輸省とエネルギー省が22年後半に規則を発表する予定。この分の予算はほかの2つの裁量的助成プログラムを支援するため、どの州も対象になる可能性があり、全国的なEV充電システムの格差をできるだけ小さくし、需要の高い地域を補助し、サービスが不十分または負担が大きすぎる地域、特に辺地を支援するために投じられる。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  2. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  3. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  4. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  5. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  6. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  7. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  8. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
ページ上部へ戻る