技術サービス大手ら、ESG業務効率化市場開拓に照準 ~ 次なるデジタル・ソリューション商機として有望視

昨今、投資家や投資会社、取り引き先、政府機関、消費者たちからの要求や監視の目が厳しくなったため、多くの会社ではESGへの取り組みを隠すことが難しくなった。ヴァーディクト誌によると、技術サービス会社らはそういた事業環境の変化や動向を受けてESG業務ソリューションに商機があると考え、その強化に注力している。

▽アクセンチュア、ESG関連人材の補強に注力

グローバルデータ(GlobalData)のジョブ・アナリティクス(Job Analytics)から派生したデータによると、技術コンサルティング大手や技術サービス大手らは、ESG(environmental, social, and governance=環境、社会責任、企業統治)関連の助言能力を大幅に高めるべく、顧客会社らのESG関連業務を効率化するモノのインターネット(Internet of Things=IoT)や人工知能、ビッグ・データ分析といった技術専門家の確保を積極化させている。

たとえば、アクセンチュア(Accenture)とエンヴィジョン・デジタル(EnvisionDigita)は、戦略的持続可能性協力関係を2021年末に結び、顧客会社らのネット・ゼロ(実質的炭素排出ゼロ)目標を効果的に達成できるよう支援する包括的ソリューション群を提供する計画を打ち出した。

アクセンチュアは、3000以上の持続可能性関連職をすでに雇っているが、持続可能性向けソリューション・サービスのさらなる拡充に向けて複数の企業買収によって関連人材を大幅に増やしている。

▽報告義務化の動きと測定および数値化の困難さがあと押し

先進国のほとんどでは、ESG関連の情報開示が義務化されつつある。G7の財務相らは、TCFD(Taskforce on Climate-Related Financial Disclosures)の指針や提言に則した財務報告を企業に義務づけることで合意している。

ESG報告をめぐっては、さまざまの測定や成果を数値化することが難しいため、各社は、効果的技術ソリューション群の活用をその対策として重視している。

グローバルデータが1500人のESG担当幹部らを対象に実施した最近の調査では、回答者の57%がESG関連の取り組みや成果の計測や追跡、そして報告、それらの業務過程の合理化を最重要事項と位置づけていることがわかった。

投資管理大手ブラックロックのラリー・フィンクCEOは、顧客会社のCEOらに宛てた年始の書簡のなかで、次なるユニコーン(unicorn、企業評価額が10億ドル以上の私企業)1000社が、脱炭素に役立つ革新的技術を開発する新興企業で占められる、という見方を明示した。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る