マイクロソフト、サイバーセキュリティー・サービスに注力 ~ サイバー脅威悪化で最速成長事業に

マイクロソフトのサイバーセキュリティー事業は、ほかの主要事業のどれよりも急速に成長している。CNBCによると、同社は現在、その成長事業をさらに強化すべく、三つの新たなサービスを提供開始し、同分野での存在感を高めている。

▽コンサルティング指向のサービス提供に重点

マイクロソフト(Microsoft)は、クラウド・ソフトウェアとクラウド・インフラストラクチャーの有力大手であり、それらの関連技術は、世界中のあらゆる規模の無数の会社の基幹技術になっている。

そのため、同社はセキュリティー・ソフトウェアを提供するだけでなく、近年のサイバーセキュリティー脅威激増を背景に需要が供給をはるかに上回る同市場においてコンサルティング指向のサービスを提供できる立場にある。

マイクロソフトによるセキュリティー事業への投資拡大は、ランサムウェア攻撃やハッキングの脅威の増大に対処するために、世界中の多くの会社がサイバーセキュリティー対策への支出を増やしていることを受けたものだ。

▽年間研究&開発費を10億ドルから40億ドルに

同社を含む多くの技術会社らは2021年に、米国で約50万人のサイバーセキュリティー関連の雇用を創出することを打ち出している。マイクロソフトのサティア・ナデラCEOは、サイバーセキュリティー関連の年間研究&開発費を10億ドルから40億ドルに激増させる方針だ、と話していた。

マイクロソフトにとってセキュリティー事業はすでに年商150億ドルの規模に達している。2021年の成長率では、ほかのどの事業部門よりも大きく拡大した。

▽三つのセキュリティー・サービスを市場投入

同社が最近に市場投入したセキュリティー・サービスには、1)マイクロソフト・ディフェンダー・エキスパーツ・フォー・ハンティング(Microsoft Defender Expertsfor Hunting)、2)マイクロソフト・ディフェンダー・エキスパーツ・フォーXDR(Microsoft Defender Experts for XDR)、3)マイクロソフト・セキュリティー・サービシズ・フォー・エンタープライズ(Microsoft Security Services forEnterprise)の三つがある。

一つ目は、マイクロソフトの工学者らが顧客の端末および機器類やオフィス365生産性ソフトウェアの実装、クラウド・アプリケーションやIDプログラムに発見した問題を利用者一人あたり月額3ドルで通知する。

二つ目は、利用者一人あたり月額14ドルで、顧客会社がサイバー脅威に対処するためにマイクロソフトの専門担当者らに支援してもらうというサービスだ。4大会計事務所も同サービスを使っている。

三つ目は、さらに広範かつ包括的でコンサルティングに近い人間主導のセキュリティー・サービス群を提供する。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る