人工知能を販促に使う際の5つの重要点 ~ 偏見を最小限化するための取り組み

昨今、販促業務に人工知能技術を応用する動きが定着しつつあるのにともなって、人工知能による偏見助長を防止する重要性がさらに重視されている。エリクソン傘下で広告プラットフォーム技術を提供するイーモード(Emodo)のデータ戦略担当副社長ジェイク・モスコウィッツ氏は、ベンチャービート誌に寄稿した記事のなかで、そのためにおさえるべき5つの重要点を提示した。

▽アルゴリズムに間違いがあることを前提に

モスコウィッツ氏によると、偏見はさまざまの経路から人工知能システムに反映される可能性があり、検出や解決が非常に難しい場合がある。重要な教訓としては、アルゴリズムの結果を額面どおりに受け止めず、間違いが生じることもあると理解することが挙げられる。

販促業務に機械学習アルゴリズムを活用する場合、アルゴリズムが解を導き出す際に使ったデータの質がきわめて重要だ。それらのデータに偏見が含まれれば、はじき出される答えも偏見を土台とすることになる。

同氏は、それを最小限に抑えるために下記5つの対策が重要になる、と論じている。

1.人工知能任せにしない

人工知能に人が関与し続けることはきわめて重要だ。人間による意思決定と機械学習モデルの決定を比較して、差異やパターンが見つかった場合には、踏み込んで解明すべきだ。最初の設定後に放置して機械任せにしておくことはできない。偏見にもとづく販促を一度でも実行すれば、企業評判をいちじるしく傷つけ、非常に大きな損害を会社におよぼす。

2.確実に代表的なデータで学習させる

販促対象としたい標的層を確実に代表するデータを使って、人工知能を訓練しなければならない。たとえば、富裕層を標的市場にしたい場合、その数が少なく大量のデータを入手できないからといって中所得者層のデータを使えば、望んでいない偏見が反映される。データを選ぶ際に妥協は許されない。

3.表面下のことに目を向ける

人工知能の全体としての精度を測るのではなく、プラットフォームごと、性別ごと、顧客価値ごとといった細かい集団に分けて検証する必要がある。さもなければ、すでに広告を大量に出稿してきた媒体でのみ精度が高く、新しい媒体では効果が低いといった事実を見逃してしまう。

4.より良いデータをつねに探す

現状に決して満足せず、新しいデータを模索して、アルゴリズムを最適化すべく試行を続けなければならない。もっとも大規模のデータセットがかならずしももっとも効果的なデータセットとはかぎらない。データの多くには偏見がかならず含まれる。そのため、多様性に富む良質のデータをつねに入手する必要がある。

5.懐疑的な姿勢を忘れない

人工知能は確かに強力なツールであり、いままでできなかったことを、これまでできなかった規模で実現する。しかし、どんな投資にも共通することだが、人工知能に供給されるデータによってなんらかの偏見が紛れ込むことは避けられない。したがって、懐疑的姿勢や批評的思考をつねに維持し、あらゆるリスクを想定する必要がある。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る