車の不具合検知し将来の費用を予測~カービーストがアプリ発売

人工知能(AI)開発のカービースト(CarBeast、ミシガン州)は、車両の不具合を診断し、将来の修理・維持費用をユーザーに警告する新しい携帯電話アプリを発売した。料金は1台当たり年間0.99ドル。

オートモーティブ・ニュースによると、同社のデータ科学者クナル・ジョシ氏は「このアプリは何億件もの車両サービス記録とネットワーク機器を製造・販売するユビキティ(Ubiquiti、ニューヨーク州)の技術を使って、現在のニーズを分析し、将来の修理やメンテナンスの問題を予測する」と説明した。アプリは常に新しいデータで更新され、不具合の予測に役立つという。

アプリには「カービースト・インサイト」と「カービースト・フォアサイト」という2つの機能が含まれる。「インサイト」は、ユーザーが自分の車に生じている問題を入力すると、アプリが類似事例の記録を検索し、修理の可能性を推奨する。「フォアサイト」は、よく似た年式、車種、モデルの車両の記録を基に、ユーザーが将来負担する可能性がある費用や車に必要な修理内容を提示する。

近年は車の平均使用年数が延びて、車を修理することがより一般的になった。カービーストは、調査を通じて中古車のメンテナンス関連情報へのアクセス需要が十分満たされていないことを知り、このアプリを開発したという。

ジョシ氏は「新車を購入する人々にとってはほとんどの修理が品質保証の範囲内であるため、『フォアサイト』のようなサービスは魅力的でないかもしれないが、人々が車を長く所有したり、中古車を探したりするようになればフォアサイトとインサイトの両方が役立つ可能性は十分にあると思う」と話している。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る