空輸業界が活況〜携帯通信機器の発売集中で

 携帯ディバイス市場でアップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンが相次いで新製品を発売しているため、空輸業界が活況を呈している。

■輸送力下がった時に需要高まる

 ブルームバーグ・ニュースによると、ハイテク製品はこれまでも定期的に発売されてきたが、特に今回は一度に多くの商品が集中し、市場は非常に大きな盛り上がりを見せている。これを先導するのはアップルで、21日にスマートフォン「アイフォン5」を発売するほか、年内により小型で安いタブレット型情報端末「アイパッド」も発売するとの推測もある。また、グーグルは7月からタブレット「ネクサス7」の出荷を始めており、マイクロソフトは10月26日に同「サーフィス」の販売を開始する。一方、アマゾンは… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る