メタヴァースがサイバー犯罪の温床となる危険性 ~ インターポール、警鐘を鳴らす

国際警察機関のインターポール(Interpol)は10月27日、メタヴァースが新しい種類のサイバー犯罪の温床となり、既存の犯罪をより大規模に行うことを可能にする危険性をはらんでいるという懸念を明示した。

メタヴァース(metaverse)とは、インターネット上に構築された三次元の仮想空間で、複数の利用者らがそれぞれの分身(アヴァター)を使って自由に行動できる仮想社会の世界。

ロイター通信によると、インターポールの技術革新担当上席管理官メイダン・オーベロイ氏は、メタヴァース犯罪の可能性にどう備えるかについて、インターポール加盟諸国の警察機関から懸念の声が上がっている、と話した。

「犯罪のなかには、メタヴァースという新たなデジタル媒体にとって新たなものもあれば、既存の犯罪がメタヴァースによって可能になることもあり、また、より高い水準に巧妙化するものもあるだろう」と同氏は述べた。

同氏によると、フィッシングや詐欺は、拡張現実や仮想現実がからむことで、従来とは異なる動きをする可能性があるほか、子どもの安全性に関する新たな問題も浮上するおそれもある。

「テロ集団が物理的空間を攻撃する場合、攻撃前にメタヴァースの仮想空間を使って計画を立て、仮想模擬化し、予行演習することも考えられる」と同氏は指摘する。

EUの警察機関ユーロポール(Europol)は先日、テロ集団が将来的に、宣伝や勧誘、訓練のために仮想世界を悪用する可能性があると指摘した。

そのほか、メタヴァースが利用者らの取り引きをブロックチェーン上に記録すれば、「テロ集団が人々の行動をすべて把握できるようになり、ストーカーや脅迫者らに個人情報を提供することにつながる可能性もある」とユーロポールは調査報告書で警鐘を鳴らした。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る