マイシェイク、地震発生直前に警報を配信 ~ 先日のSF地震では18秒前に10万台弱のスマートフォンに通知

10月25日に湾岸地域(サンフランシスコとその周辺)で起きたマグニチュード5.1の地震に際して、地震警報アプリケーション「マイシェイク(MyShake)」の利用者らはその直前に警報を受信した。

CNBCによると、カリフォルニア州緊急事態管理局と米国地質調査所 (United StatesGeological Survey=USGS)は、バークリー地震研究所(Berkeley Seismology Lab)が開発した同アプリケーションが地震発生の18秒前までに9万5000台のスマートフォンに地震警報を発信し、「身を隠し、じっと待機」するよう利用者らに通知した、と説明した。

地震発生以来、マイシェイク登録者数は急増中だ。同アプリケーションのデータ・ページによると、登録された携帯電話は200万台を超えた。

マイシェイクはだれでもダウンロードできるが、地震警報サービスの対象地域は、カリフォルニア州とオレゴン州、ワシントン州の3州に限定される。また、同アプリケーションが通知するのは、マグニチュード3.5以上の地震が検知された場合だけだ。

アップルのアップ・ストアーとアンドロイドのグーグル・プレイで流通するマイシェイクをダウンロードした登録者らは、それら3州のうちどの州の居住者かを選択する。

同アプリケーションでは、最近の地震に関する情報や、地震体験者たちの報告内容、安全対策について学ぶことができる。

同アプリケーションは、地震が起きそうになる直前に検知し、登録者らのスマートフォンに警報を送って大きな警告音を鳴らす。それと同時にメッセージを表示し、「身を低くして隠し、身体を覆い、そのままじっと待機」と助言を発信する。

地震学会では、地震予知は不可能だというのが通説だが、直前なら検知できることに異論はない。10秒前でも20秒前でも知ることができれば、それが生死の分け目になる可能性はある。地震に突然襲われるより、発生直前でもそれを知ることで、救命につながる心構えや身構えを実行できる可能性は高まる。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る