2022年の年末商戦序盤でのオンライン販売、過去最高 ~ サイバー・マンデイには5.3%増の約113億ドル

アドビ・アナリティクス(Adobe Analytics)によると、米消費者は感謝祭(11月の最終木曜)からサイバー・マンデイ(感謝祭連休明けの月曜)の5日間に総額354億ドルをオンライン買い物に費やした。

同社の調べによると、期中最大の買い物日と位置づけられるサイバー・マンデイでは、前年同日比5.3%増の約113億ドルを売り上げ、過去最高を記録した。また、感謝祭当日のオンライン小売売り上げは約53億ドル、ブラック・フライデイには約91億ドル、土曜と日曜の合計は約96億ドルに達した。

ワシントン・ポストによると、それらの数値は、記録的インフレーションを調整していない、と専門家らは指摘する。それが意味することは、ことしの米消費者が、昨年と同じ質や量に対して、より多くを払っている可能性があるということだ。

しかし、それらの数値は、買い控えが強まるという当初の予想を上回るものだ。年末商戦の残り3週間の贈り物購入ピークを目前に、財布の紐がそれほどかたくないことが最初の5日間に示されたことは、小売業界にとって朗報と言える。

全米小売業協会(National Retail Federation=NRF)によると、この週末に買い物をした人の数は過去最高の1億9670万人だった。NRFのマシュー・シェイ会長兼CEOによると、その数字は「予想を3000万人以上上回る」高水準だ。

かたや、オンライン小売技術提供大手ショッピファイ(Shopify)によると、感謝祭からサイバー・マンデイにかけての売り上げは記録的で、全世界で5200万人の消費者がショッピファイ加盟店で75億ドルを使った。その額は、前年同期比19%増という好調な成長を示す。

その背景には、「いま買って、あとで払う(buy now pay later)」サービスを提供する小売サイトの激増がある。ブラック・フライデイからサイバー・マンデイまでにおけるアフターペイ(Afterpay)の取り引きデータによると、分割払いサービスを使った買い物の額は前年同期比120%という驚異的伸びを示した。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る