ウォルマート、ロブロックスと提携しメタヴァースに参入 ~ Z世代向けに仮想空間体験を提供へ

ウォルマート(Walmart)は、オンライン・ゲーミング・プラットフォーム大手のロブロックス(Roblox)との提携を通じて、メタヴァース市場に参入する。

CNBCによると、ウォルマートが同市場に最初に投入するのは、1)おもちゃを落とす飛行船や著名歌手による音楽祭、さまざまのゲーム、2)ウォルマートの店舗やウェブサイトにあるものと同じ仮想商品「ヴァーチ(verch)」をあつかう仮想店舗だ。

ウォルマートが9月26日に明らかにしたそれら二つのメタヴァース体験は、ウォルマート・ランド(Walmart Land)とウォルマートのユニヴァース・オブ・プレイ(Walmart’s Universe of Play)と呼ばれる。

ウォルマートでは、新型コロナウイルス・パンデミックを受けた消費行動のオンライン移行をはじめ、ソーシャル・メディアやアプリケーションの多用、ゲーミング・サービスの利用といった行動変化に合致する新たな小売のあり方を模索している。メタヴァース市場への進出はその一環だ。

ウォルマートは、ティックトックやツイッター、ユーチューブの動画で買い物できる生配信ソーシャル・コマース(ソーシャル・メディアを媒体とする小売業)催事も開いている。また、ピンタレストとの提携では、家具や装飾品が自宅内でどのように見えるかを見られるようにする拡張現実(AR)ツールも展開している。

ウォルマートの最高販促責任者ウィリアム・ホワイト氏は、メタヴァースにおける今後の事業展開に向けてロブロックスが実験場としての役割りを果たすことになるだろうと話している。同氏によると、ウォルマート・ランドやユニヴァース・オブ・プレイは、一般的に25歳以下と定義されるZ世代の消費者を念頭に置いて設計されている。

ウォルマートは、現時点では、仮想世界の没入体験から利益を得ることはないと考えている。ゲーマーらはデジタル・トークンといった報酬を獲得し、ロブロックスの仮想品の購入に充てることができる。ただ、将来的には、ウォルマートのメタヴァースに参加するブランド会社らから出店料金を徴収したり、消費者の仮想体験を実在店舗や小売サイトへの誘導につなげたりといった販促によって利益をあげる方法を視野に入れている、とホワイト氏は述べた。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る