技術大手らの新規雇用凍結が新興企業の人材獲得に追い風 ~ VC投資低迷にもかかわらず約4割が採用強化

マクロ経済の先行き不透明感の強まりを受けて、技術業界の大手らが人材雇用の縮小または一時凍結をあいついで打ち出していることから、起業後期の新興企業らが優秀な技術人材を確保できる可能性が高まっている。

ロイター通信によると、技術人材の多くは、アップルやグーグル、アマゾン、マイクロソフト、メタ・プラットフォームスといった巨大技術会社で働くことを望んでいるが、数十年ぶりの高インフレーションやドル高、大幅利上げの影響で、技術大手らがコスト抑制の一環として新規の人材採用を控えているため、新興企業の一部では、優秀な技術者の獲得を積極化させている。

フィンテック新興企業X1カード(X1 Card)のディーパック・ラオCEOは、同社の従業員数が1年間で2倍以上の35人に増え、今後数ヵ月に大企業から従業員がさらに加わるだろうと話している。

グローバルデータによると、米国の新興企業らが調達したベンチャー・キャピタル(VC)投資は、2022年最初の8ヵ月間に前年同期比約3割減の1463億ドルに縮小した。不況到来懸念の強まりを受けたIPO(新規株式公開)市場の低迷によってVC投資が冷え込んだためだ。

にもかかわらず、人材調達サービス会社アンディアモ(Andiamo)のパトリック・マクアダムスCEOによると、起業後期にある新興企業の一部は、重要な技術職の空きについては優秀な技術者の獲得に注力している。「1年前なら新興企業たちは大企業らに買い負けしていたが、いまはそういった人材を獲得できるようになった」と同氏は指摘する。

新興企業スタック・オーヴァーフロー(Stack Overflow)のプラシャント・チャンドラセカールCEOは、コーディング・プラットフォームの技術者数を2022年に入ってから2倍以上の540人に増やしたと話した。その一部は、グーグルやアップルから引き抜かれたソフトウェア工学者たちだ。

新興企業コンサルティング会社マスチャレンジ(MassChallenge)が新興企業経営者581人を対象に実施した調査では、40%以上が2022年上半期に人材採用を強化したことがわかった。また、技術人材発掘担当者らは現在、給与提示額を引き上げている。グーグルとアップル、マイクロソフト、メタは取材に応じなかった。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る