投資家の関心、より単純なAVへシフト

完全な自動運転車(AV)の開発は予想以上に困難で、コストがかかることが分かってきたため、投資家は鉱業用トラック、トラクター、フォークリフトといったより市場が小さく単純な自動運転技術を開発する新興企業に資金を投じている。

■現実的な選択肢

ロイター通信によると、ロボタクシー(自動運転タクシー)に続いて自動運転貨物トラックの開発も各社が苦戦する中、最近のAV投資家は、交通量がほとんどない場所で低速走行する、より単純で、あまり資金を必要とせず、回収までの道のりが明確な自動運転の形態に注目している。関心を集めているのは、英国のオックスボティカ(Oxbotica)、スウェーデンのエインライド(Einride)、米国のアウトライダー(Outrider)、英国のオリゴー・インターナショナル(Aurrigo International)などだ。

自動運転フォークリフト製造のフォックス・ロボティクス(Fox Robotics、テキサス州)が2022年10月に行った2000万ドルの資金調達ラウンドを主導したBMWアイ・ベンチャーズ(BMW i Ventures)のキャスパー・セージ氏は「どんな環境でも動く完全な自動運転はまだ何年も先の話なので、機能する事業例を確立して問題を縮小する必要がある」と話す。

プライベート・エクイティ(PE)投資会社モビリティー・インパクト・パートナーズのアサド・フセイン氏は「自動運転の乗用車に進歩が見られず、その高い資本要件を考えると非舗装(オフロード)でよりかっちりした環境向け技術への投資シフトは非常に現実的だ」と指摘する。

■鉱業、農業、建設現場

オックスボティカはこの1月、鉱山や遠隔地で使うAVなどより多くの製品を展開するために1億4000万ドルの資金を調達したと発表。同社の初期からの機関投資家キコ・ベンチャーズを共同で創設したジェイミー・ボルブラクト氏は「鉱山会社は、ドライバーがトラックに乗ってくれないと離れた場所で1時間当たり数百万ドルの損失を出す可能性がある。そういう環境こそAVがふさわしく、業界は魅力的な市場の一つだ」と語る。

アウトライダーも1月、現在顧客の貨物集積所で低速運行している自動運転トラックの規模拡大のため、7300万ドルを調達した。

交通量の少ないオフロードで使われる建設機械や農機も新興AV企業の成長分野の一つで、AVの新興企業はキャタピラー、ディア、CNHインダストリアルといった伝統的な重機メーカーと同じ場所で事業展開している。

エイペックスAI(Apex.AI、カリフォルニア州)は、オックスボティカと同様、乗用車やトラック運送以外の顧客に向けてさまざまな用途の車で使うAVソフトウェアを設計しており、農機具大手アグコ(AGCO)は実験的な自動電動プランター(種まき機)にエイペックスのソフトウェアを使っている。

ディアは、21年に2億5000万ドルで自動運転トラクターのベア・フラッグ・ロボティクス(Bear Flag Robotics、カリフォルニア州)を買収するなど、すでに農業自動化に向けたAV関連事業を多数買収している。

身売り前のベア・フラッグに投資していたトラックス・ベンチャー・キャピタルは、別の新興農業関連AV会社を積極的に探している。同社は22年6月、1200万ドルの資金調達を発表した建設用重機・鉱山機械用の後付け半自動運転システム開発企業テレオ(Teleo、カリフォルニア州)にも投資している。テレオのシステムは、低速走行する複数のAVを人間のオペレーターが遠隔操作する仕組みで、ソフトウェアが対応できない状況が発生するとオペレーターが運転を引き継ぐ。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2023年10月8日

    若者の自殺
    かなり重いテーマになってしまうのだけれど、最近、若い世代の自殺について考えさせられることが...
  2. 2023年10月6日

    フィレンツェの日々
    フィレンツェの遠景 誰にでもささやかな夢がある。イタリアで長い休暇を取ってみたかった娘家族は...
  3. 縦横無尽に川が流れ、湖や湿地帯、針葉樹林などの美しい自然が広がるピマチオウィン・アキ。世界複合遺産...
  4. こどもの進学の資金集め、老後の生活など、さまざまな理由で資産運用を始めたい人のために、アメ...
  5. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  6. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
  7. イヌワシやハヤブサなど、絶滅の危機に瀕している生物も多数生息するダイナソール州立公園 アルバ...
  8. プロベート(検認手続き)とは 長くアメリカに住んでいる方にもあまりよく知られていませ...
ページ上部へ戻る