スノーフレイク、製造業向けデータ・クラウドを提供 ~ 提携会社らの技術も利用可能に

データ・ウェアハウスおよびデータ・レイク技術を提供するスノーフレイク(Snowflake)は4月13日、製造業を対象としたデータ管理製品群を拡大した。

ベンチャービート誌によると、それらの製品群は「製造データ・クラウド」と位置づけられ、自動車や機械、エネルギー、工業といった業界をおもな標的業界に、スノーフレイクのデータ・プラットフォームを設定して産業用データの価値を引き出せるようにする。

スノーフレイクのおもな競合社であるデータブリックス(Databricks)も、製造業に特化したデータ・レイクを数日前に市場投入したばかりだ。

スノーフレイクのデータ・クラウドは、会社らが社内のさまざまの場所に保存している構造化データと非構造化データを一元管理することで、それらを活用したアプリケーション構築を助ける。データ・クラウドは従量課金制で、ストレージや演算力、利用者数には基本的に制限がない。

同データ・クラウドを使う顧客会社らは、中核となるスノーフレイクのプラットフォームのほか、同社の提携会社らがあらかじめ構築した各種のソリューションや、製造業界にとって関連性の高いデータセットも利用できる。そのため、ひな型をゼロからつくる必要がなく、データセットを調整して手早く使い始められる。

現時点で50社ほどの提携会社がソリューション群を提供している。そのなかには、LTIマインドトゥリー(LTIMindtree)の工場可視化技術やデロイト(Deloitte)のエネルギー管理技術、ピーエイチデータ(phData)の需要予想技術、アーンスト・アンド・ヤング(EY)の経費管理技術がある。

同プラットフォームはまた、データ移動プラットフォームのファイヴトラン(Fivetran)や分析プラットフォームのタブロー(Tableau)、スノーフレイクのオンラインいちばに参加しているフォーカイツ(FourKites)やイエス・エナジー(YesEnergy)の各種のツールやアプリケーションとも統合されている。

製造会社らは自社のデータをスノーフレイクのデータ・クラウドに接続し、それらのデータ・ツールとの統合を介して、洞察を得ることができる。また、フォーカイツをはじめオンラインいちばの参加会社らがさまざまのデータ源へのアクセスを提供しているため、機械学習のモデル開発に役立つ、とスノーフレイクは説明している。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る