アップル、銀行業に進出 ~ アップル・カード利用者向けに普通預金口座サービスを提供開始

アップル・カード(Apple Card)の利用客らは、普通預金口座を4月17日から開設できるようになった。

テッククランチ誌によると、アップルは、オンライン銀行サービスの提供計画を2022年10月に発表した際、「金利の変動が激しい」ことを理由に、同サービスでの金利について明言を避けたが、4.15%のAPY(Annual percentage yield、年利)を提供する方針を4月17日に明らかにした。普通預金としては比較的良心的な利率といえる。

クレジット・カード・サービスを数年前から提供しているアップルは、普通預金口座サービスでもゴールドマン・サックスと提携した。銀行業に関する技術や運営についてはゴールドマン・サックスが管理する。利用客らの残高は、連邦預金保険公社(FDIC)で保証される。

アップル・カードの普通預金口座サービスでは、利用者らはカードで払うたびに返戻金を受けられる。基本的にはすべての買い物で1%、アップル・ペイを使った場合には2%の返戻金を得られる。一部の加盟店では3%の場合もある。

アップルのiOSには、アップル・ウォレットとアップル・キャシュという純正アプリケーションが標準搭載されており、アップル・カードはそれらと連動する。返戻金が蓄積されるアップル・キャシュはアップル・ウォレットに表示され、アップル・ペイでの買い物や送金に使える。

アップル・カードの普通預金口座には、アップル・ウォレットからもアクセスでき、残高や金利、直近の取り引きを簡単に確認できる。利用者らはその画面から現金を出し入れできる。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る