NREL、HPCの新データ・センターを開設

 米エネルギー省傘下の国立再生可能エネルギー研究所(NREL=National Renewable Energy Laboratory)は、高性能計算(HPC)のデータ・センターをコロラド州ゴールデンに開設した。

 エネルギー・マネジャー・トゥデイ誌によると、同データ・センターでは、NRELが掲げる三つの目標が達成される。

 第一に、温水を使った液体冷却を活用して電力使用効率(PUE)の年間平均を1.06以下(PUEは1.0に近くなるほど高効率を意味する)にすること。第二に、エネルギー・システムの統合、再生エネルギー研究、省エネ技術の改良に特化したデータ・センターとすること。そして第三に、HPCシステムからの放熱を利用してオフィスおよび実験室部分の主な熱源とすることだ。

 液体冷却に使用する温水は華氏75度(摂氏23度)前後で、HPCを冷却した後の温度は華氏100度(摂氏37度)以上となる。それをオフィスと実験室の暖房に転用する。さらに、データ・センターの廃熱は、正面プラザ部分と屋外の歩道の雪や氷を解かすのにも転用される。

 NRELによると、同データ・センターは、典型的なデータ・センターに比べて、省エネ技術による運営費用の節約分が年間80万ドルに達する見込み。また、廃熱利用の暖房でさらに20万ドルを節約できる可能性がある。

 華氏75度の温水は、ほかの液体冷却方式よりも温度が高い。それによってコンプレッサーを使った冷却システムの必要性を排除し、代わりに冷却塔を使えるようになる。

 また、空気冷却の換気システムに比べ液体冷却のポンプは必要エネルギーが少ないため、熱交換比較で1000倍の効率に達する。

 さらに、HPが開発したコンポーネント・レベルの液体冷却システムを採用したことで、ラック裏側のファンを減らす。

 1000万ドルを投じた同HPCシステムは、太陽、風力、電気自動車、建物技術、再生可能燃料といったクリーン・エネルギー技術の研究を支援する。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る