メタン・ハイドレート開発を邪魔する三つの壁

 天然ガスの一種であるメタン・ハイドレートの採取試験が日本で実施されたことは、米国のエネルギー関連報道でも取り上げられた。しかし、そのこと自体は、目新しいニュースでもなければ、それほど重要でもないとみなす論調が強い。

 ギガOM誌によると、炭化水素資源としてのメタン・ハイドレートの存在は、数百年も前から知られ、それを採取して資源化するという「夢」も、同様に長い歴史がある。その夢を実現するには多大な技術進歩が必要とされ、日本の開発計画はごく小さな一歩にすぎない、と米国の資源専門家らは指摘する。

 その背景には、メタン・ハイドレート採取を困難にする三つの壁がある。

 第一には、環境配慮という課題がある。メタン・ハイドレートは氷状の物質で、そのなかにメタン分子が封印されている。しかし、その氷は冷蔵庫で作られるような塊とは異なり、壊れやすい。

 そのため、メタン・ハイドレートの埋蔵されている海底を下手にかく乱すれば、氷状物質が次々と破壊され、メタン・ガスを大量に発生させる恐れがある。

 そうなると、ガスを失うだけでなく、メタン・ガスを大気中に放出し、二酸化炭素の20倍近くの熱を集め、温暖化を加速させかねない。

 現時点では、氷状物質を破壊せずにメタン・ハイドレートを採取する方法は開発されていない。日本の採取実験でドリルを入れる際に、その配慮が行われているということも報じられていない。

 第二の課題は、経済性の問題だ。メタン・ハイドレートは多くの場合、海底の地中深くに埋蔵されることから、採取時に異物が大量に混入する。それを除去することは比較的容易だが、高くつく。

 メタンをほかの異物から分離する作業はきわめて高価で、現行の天然ガス資源である炭層メタンやシェール・ガスの精製コストとは比較にならない。

 米国の現在の天然ガス価格は1MMBtuにつき3ドル64セントと手頃であることから、メタン・ハイドレート開発の投資意欲につながらない可能性が高い。

 第三に、基幹設備の問題がある。現時点で、広域にわたる海底からメタンを採取して処理する基幹設備は存在しない。おそらくは、海上に浮かぶ何らかの構造物を開発して、メタン・ハイドレートの採取場所に合わせて動かせるようにする必要があるだろう。

 その設備を整えるにも莫大な費用がかかり、それが取引価格に転嫁されるだろうから、ほかの燃料のほうが安上がり、という結果になることも十分ありえる。

 世界の海底には、膨大な量のメタンが眠っている。しかし、それらの課題の解消策を見つけない限り、今後まだ数百年間は海底に眠り続けるかもしれない。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る