QRコードを悪用したハックが増加中 ~ なりすましフィッシングでエネルギー大手が被害に

コーヴィッド19パンデミックによって浸透した技術の一つにQRコードがある。たとえば、店員と客の接触機会をなくすために、レストランやバーでは、来店者らにQRコードをスキャンさせることで注文できるようにした。そのほか、友人や家族にQRコードを使って送金する行動様式も拡散した。

ブルームバーグによると、ハッカーらは、QRコード利用機会の激増を受けて、QRコードを悪用したサイバー攻撃を強めている、とサイバーセキュリティー会社コーフェンス(Cofense)は警鐘を鳴らす。

同社によると、ある米エネルギー大手では、マイクロソフトからの通知を装った電子メールに添付されたQRコードを使ったフィッシング攻撃を受けた。そのメールは、受信者がQRコードをスキャンすると、セキュリティー要件を確認してアカウントを更新するサイトに誘導する。同サイトは、情報を盗むための偽サイトだ。

QRコードは、パンデミック以前から食品包装やバス停の広告にすでに使われてきた。ただ、北米の場合、多くの人はQRコードを多用しなかった。ところが、パンデミック対策の一環として非接触行動様式が拡散したことで、人々とQRコードの距離が一気に縮まった。

QRコードは、愛知県の自動車部品メーカーであるデンソーの開発部門(当時)の技術者が1994年に開発した。もともとは、車の部品にレイベルを貼って追跡するために発明されたといわれる。ハッカーらがQRコードを悪用するいま、元来の使い方に限定し、送金や支払い、注文といった近年の応用法にQRコードを多用しないことが賢明かもしれない。

(Gaean International Strategies, llc社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る