米国でHVへの関心が再燃~フォードなど積極展開へ

自動車業界では完全電動モデルの開発が急ピッチで進められているが、ガソリンと電気のハイブリッド車(HV)も、一部で予想されたほど急速に消えることはないかもしれない。

■売りやすい選択肢

ロイターによると、一部の自動車メーカーは、一足飛びで電気自動車(EV)を購入する準備ができていない個人や商業顧客向けの選択肢としてHVを売り込んでいる。投資管理会社インガルス&スナイダーのシニア・ポートフォリオ・ストラテジスト、ティム・グリスキー氏は「ハイブリッドは完全EVに代わる素晴らしい選択肢で、多くの客に売りやすい」と分析する。

完全EVに対する消費者の需要は予想ほど加速しておらず、HVへの関心が回復しつつある。EVの需要が低迷する理由としては、初期コストの高さや航続距離への懸念、充電時間の長さや公共充電所の不足などさまざまな要因が挙げられる。生産予測会社オートフォーキャスト・ソリューションズのサム・フィオラニ副社長は「排ガス規制が強化される中、HVは買い手にとって完全EVへと飛躍することなく手に入れられるクリーンな車両だ」と述べた。

■販売は5年で3倍増か

S&Pグローバル・モビリティーは、今後5年間でHVは3倍以上増加し、2028年には米新車販売の24%を占めると予測。完全EVの割合は約37%で、低出力モーターを備えたいわゆるマイルドハイブリッドを含む内燃エンジン車(ICE)は40%近くになると見ている。23年の米自動車販売に占めるHVの割合は7%、完全EVは9%で、ICEは80%以上を占める見通し。

歴史的に見ると、米国ではHVの販売構成比は10%未満で推移し、トヨタの「プリウス」が長年の人気モデルとなっている。トヨタは完全EVへの投資を徐々に拡大しているものの、これまで一貫してHVが同社の長期的な電動化計画で重要な役割を果たすと述べてきた。

最近になって積極的なハイブリッド計画を打ち出しているのはフォードで、ジム・ファーリーCEOは7月下旬の4~6月期決算説明会で「今後5年間でHVの販売台数を4倍に増やす」と表明し、アナリストらを驚かせた。

これに対し、ゼネラル・モーターズ(GM)は完全EVへの取り組みを続ける意向で「世界的にはハイブリッドも提供するが、依然として重点は30年までにポートフォリオを電動車にシフトすること」と話している。

ステランティスはトヨタやフォードのように、20年代半ば以降に完全EVの販売が本格化するまで、HVを含むさまざまなパワートレインの選択肢を米消費者に提供する見込み。

トヨタとその高級車ブランドであるレクサスは、18種類以上のHVモデルを販売してこの分野で優位を保っており、現代(ヒョンデ)と起亜は7種、フォードとリンカーンは6種、ステランティスは3種のHVを販売している。

GMのラインアップは、23年後半に発売予定の「シボレー・コルベット」HVバージョンのみにとどまる見通しだ。

(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る