19サイトがサイバー被害 警察庁「中国から攻撃か」

 【共同】警察庁は19日、日本政府が尖閣諸島の国有化を閣議決定した11日から19日午後1時までに、政府機関や銀行など少なくとも計19のウェブサイトがサイバー攻撃を受け、一時閲覧できなくなったり、改ざんされたりしたことを明らかにした。「中国から攻撃された可能性がある」としている。

 警察庁によると、19のサイトのうち半数以上が、中国最大とされるハッカー組織「中国紅客連盟」の掲示板や中国の大手チャットサイトでサイバー攻撃の対象として名前が挙がっていた。攻撃を… 続きを読む

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る